1. Home
  2. キャリア
  3. 1000の「ノー」が集中力を高める。ジョブズが語るイノベーション術

1000の「ノー」が集中力を高める。ジョブズが語るイノベーション術

20180221_saying_no_top

どんなことをやり遂げるにも必要な集中力。それについてスティーブ・ジョブズがたいへん興味深い発言をしていました。

「ノー」というのも集中力のうち

1997年、アップルの開発者向けイベント「Worldwide Developers Conference」で、ジョブズはこんな発言をしています。

集中力というのは、集中しなければいけないことに「イエス」と言うことだとみな思っている。しかし、そうではないんだ。真の集中力というのは、他の多くの良いアイディアに対して「ノー」ということなんだ。取捨選択は注意深く行わなければいけない。わたしは、やらなかったことに対しても、達成したことと同じように誇りに思っている。イノベーションというのは、1000のことに「ノー」ということなんだ。

Inc.

何かに集中し、成し遂げる裏には、注力しないと決めて切り捨てたことがあるというわけです。その重要性には気づきませんでした。アップルの成功の裏には、選ばれなかった数え切れないほどの良いアイディアがあったのですね。

ノーというべき4つのこと

Inc.」では、集中力を保つために、ジョブズをはじめほかのリーダーたちが「ノー」と言うべきだとする4つの事柄を挙げています。

雑念にノー

心がざわついていたら何にも集中できない。集中力はまずメンタルから。

時間泥棒にノー

上司、同僚、部下と、まわりの人たちから頼られ、ついつい人のために貴重な時間を費やしてしまう人。どんな職場にもいるけれど、自分の優先すべきことには時間をちゃんと確保して、時間を盗もうとする「時間泥棒」たちから自分を守るという姿勢も必要です。

じゃまや中断にノー

じゃまや中断と聞くと、人から話しかけられたり、メールや電話に対応したりと、外部からの妨害を思い浮かべがち。

でも、よく考えてみれば、自分のしていることを自分で中断し、じゃまをしているときもあります。集中しなければならないときに、PCのアップデートやメール着信通知に気を散らしてしまう。急ぎではないメールを仕事中にチェックしてしまう。自分で自分にしている妨害にも、きっぱり「ノー」という態度を取らなければならないのです。

自分の不信にノー

これは目からウロコ。不信というのは、自分を信じていないこと。「わたしにはできない」「このプロジェクトが成功するわけがない」などの迷いにも、「ノー」の姿勢を持つようにしましょう。

キャリアを積んでいるからこそ、積み上げてきたものを手放すことは怖いもの。でも、失敗を恐れて実力の範囲内で仕事をしていると、不可能に思えるようなチャンスを「不信」してしまうことも。可能性を頭から否定して、つぶしてしまわないこと。「もしかしたらできるかも。どうすればできる?」と視点を変えることが新しい何かを生み出すのです。

取捨選択といえば、「選ぶ」ほうばかりに意識が向いてしまいがちだけれど、何を選ばないか、何に「ノー」と言うかにも意識を向けていきたいですね。

Inc.

photo by Getty Images

ぬえよしこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    2019.04.13.Sat

    【終了】シチズン時計株式会社「NewTiMe, New Me」キャンペーン × MASHING UP
    〜明日からできる、世界をほんの少し変える選択〜

    common ginza (GINZA PLACE 3F)

    1000の「ノー」が集中力を高める。ジョブズが語るイノベーション術

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。