1. Home
  2. キャリア
  3. 泥まみれの手で栄光をつかむ。シェリル・サンドバーグの労働論

泥まみれの手で栄光をつかむ。シェリル・サンドバーグの労働論

ビジネス格言

201180225_word_1

Having said that, hard work is key. (中略)Howard Schultz gave me a poster that reads, “The world belongs to those still willing to get our hands dirty.” I hung it in my conference room as a reminder to always being willing to roll up my sleeves and get my hands dirty. There’s no substitute for just doing the work.

とは言っても、一生懸命働くことが重要です。(中略)ハワード・シュルツがポスターを私にくれたのですが、そこには「率先して自分の手を泥まみれにする人こそ成功する」と書かれていました。私はそのポスターを会議室に飾って、自分自身も常に腕まくりして手を泥まみれにできる人間でい続けようと心に刻んでいます。ただ一生懸命働くことに代わる方法なんてないんですよ。

——シェリル・サンドバーグ

フェイスブックCOOシェリル・サンドバーグ氏は、成功の理由についてインタビューで尋ねられた時に「ラッキーだったこと」「一生懸命働いたこと」を挙げました。

米財務長官の首席補佐官、グーグル管理職を経て現職という輝かしい経歴にもかかわらず、とても謙虚なコメントです。

スターバックスのハワード・シュルツ社長がプレゼントしたというポスターは、シュルツ氏が雑誌を読んでいた時に心を打たれた広告が元になっているそうです。泥の中に手を浸している写真に上記の名言が添えられたその広告は、スターバックスの経営にとっても重要なヒントになったとシュルツ氏は語っています。

[Quartz, Boston Hospitality Review]

吉野潤子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    泥まみれの手で栄光をつかむ。シェリル・サンドバーグの労働論

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。