1. Home
  2. ライフスタイル
  3. シャネルの新コスメで、頬もリップもみずみずしく、ふんわり。

シャネルの新コスメで、頬もリップもみずみずしく、ふんわり。

昨今、マルチユースできるメイクアップアイテムが増えてきています。

2018年3月、「シャネル」から登場するのは「ルージュ ココ リップ ブラッシュ」。ボトルの見た目はリップグロスですが、リップカラーとチークカラーとして使えるマルチユース・アイテムです。

20180309_chanel_1

「ルージュ ココ リップ ブラッシュ」全6色 各3,900円(税別)。リップとして使う場合はリップグロスと同様の塗り方で。チークカラーとして使う場合は頬の高い位置にリキッドをドット状にのせて指でなじませる。

リップとして使えるチークって、頬ではベタついたりヨレたりしないのかな?チークとして使えるリップって、唇が乾燥したりしないのかな?

シャネルは2種のオイルを採用することで、そんな懸念を払拭。

頬にも唇にもフィットするテクスチャーの秘密

採用されたのは、揮発性の高いオイルと、揮発性のないオイル。揮発性の高いオイルによってメイクアップが定着し、にじみのない美しい仕上りが長時間保てるように。そして揮発性のないオイルが、みずみずしさをもたらします。これらのオイルを配合したジェルベースのフォーミュラに、優れた保湿効果を持つブランド独自成分のイドゥラ ブースト コンプレックスを配合し、なめらかでスムーズな塗り心地を実現しました。

仕上がりのテクスチャーは、肌に溶け込むようなハーフマット。リップにのせれば繊細なつやと潤いを感じさせ、頬にのせるとふんわりとした発色と健康的なつやを発揮します。

イエローベースの肌にもなじみやすいコーラルカラーの「コライユ ナチュレル(#410)」や、ヴィヴィッドな「ティージング ピンク(#416)」など、6シェードが登場。筆者個人的なおすすめは、上品なピンクメイクをかなえる「テンダー ローズ(#414)」と、セクシーなニュアンスを足せる「バーニング ベリー(#420)」

ボトルがスリムなうえに1本で2役こなす新製品は、携帯に便利。ふっくらとしたリップと塗りたての美しいチークカラーを1日中持続すべく、ポーチに忍ばせておきましょう。

シャネル

電話:0120-525-519(シャネル 香水・化粧品)

シャネル

  • facebook
  • twitter
  • hatena
多田亜矢子
編集&ライター。2006年、マガジンハウスに入社。雑誌『Hanako』『GINZA』編集部に勤務し、ビューティ、ファッション、グルメなどを担当。現在はフリーランスとして「Hanako.tokyo」や「FUDGE.jp」などで活動中。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。