1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 温もりと癒しを。穀物が主役の、珍しいフレグランス

温もりと癒しを。穀物が主役の、珍しいフレグランス

「パフューマーとして、わたしは驚きが大好きです。この新作は、わたしにとっても盲点でした! 穀物を主役にするのはわたしにとって初めてのこと。まさか香料にするなんて思ってもいませんでした」。「ジョー マローン ロンドン」のマスター パフューマー、マティルデ ビジャウイは、新作「イングリッシュ フィールズ」を発表する際、このように述べました。

20180301_jomalone_1

そう、同ブランドの新作は、なかなか珍しい「穀物」のフレグランス。豊かな実りを感じさせるイギリスの田園風景のエッセンスが、5つの魅惑的な香りにまとめられています。

小麦、ライ麦、オート麦……5種の新作

20180301_jomalone_2

「イングリッシュ フィールズ コレクション」全5種 各30ml 8,400円(税別)。※2018年3月2日(金)全国数量限定発売予定

たとえば「オート & コーンフラワー コロン」では、収穫されたばかりの健康的なオート麦をイメージした香りに、鮮やかな青いコーンフラワーとほのかなヘーゼルナッツで生き生きとした印象をプラス。

「プリムローズ & ライ コロン」は、ライとバニラをベースとし、プリムローズが点在するなだらかな畑に、黄金色のコーンが揺れる様子を表現しています。

また「グリーン ウィート & メドウスイート コロン」は、青々とした小麦の弾けるようなフレッシュな香り。グレープフルーツの酸味がアクセントに。

ほか、大麦とブランの香りに包まれるなか、ポピーやスミレが咲き誇る様子を表した「ポピー & バーリー コロン」、養蜂箱から集めてきたばかりの蜂蜜に、クロッカスとイングリッシュ ラベンダーの香りをブレンドした「ハニー & クロッカス コロン」も。

田園風景への憧れを思い出す? 温もりの香り

どの香りからも、温もりと、深いリラックスが得られる気がします。しかし、六条大麦を原料とした麦茶の香りにリラックス効果が期待できるなど、穀物茶とリラックス効果の相関性について言及した研究結果はあるものの、穀物自体の香りにリラックス効果があるかについてはあまり研究が進んでいません。

ではなぜ、筆者は癒されると感じたか。想像ですが、これ、プルースト現象に近いのかもしれません。プルースト現象とは、ある香りから、それにまつわる過去の記憶が呼び覚まされる心理現象のこと。

20180301_jomalone_3

新作から思い起こされたのは、学生のころに旅雑誌で見て憧れた美しいイギリスの田園風景や、もっと遡って(国が違うけれど)ドラマ『赤毛のアン』で見た風景。陽をいっぱいに浴び、風に揺れる黄金色の穀物畑……現地で直接見たわけではありませんが、写真や映像から感じた温かな気持ちが呼び覚まされたからこそ、郷愁にも似た心地よさを感じたのではないか……と。

という推察は完全なる蛇足ではあるのですが、とにかく穏やかになれる香りです。春先や秋の入りにぴったりなので、ぜひ!

ジョー マローン ロンドン

電話:03-5251-3541(お客様相談室)

ジョー マローン ロンドン

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    温もりと癒しを。穀物が主役の、珍しいフレグランス

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。