1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 罪悪感は捨てて「何もしない」。オランダ流「ニクセン」な生き方

罪悪感は捨てて「何もしない」。オランダ流「ニクセン」な生き方

20180326_lh_niksen_top

世界幸福度ランキングのトップ常連で「世界で一番幸せな国」と呼ばれるデンマークでは、家族や友人とゆったり過ごしたり、趣味や遊びに打ち込んだりする時間が大切にされています。「心地よい時間を過ごす」意味のデンマーク語「hygge(ヒュッゲ)」がちょっとした流行となっていましたよね。

とはいえ、日本のビジネスパーソンには時間がありません。ワークライフバランスのためのTipsは数あれども、そもそも疲れているときはもう何もしたくない、というときだってあります。

そんなときに注目したいのがオランダ語の「niksen(ニクセン)」です。どのようなことを表すのか、ライフハッカー[日本版]より紹介します。

オランダ語「ニクセン」とは「何もしない」こと

20180320_lh_niksen_1

たしかに「ヒュッゲ」は快適ですが、キャンドルに火を灯したり、趣味のために出かけたりと、何かしらアクションを起こさなければなりません。でも、豊かな時間をすごすために「〇〇しなくちゃ」と考えること自体、ストレスになってはいませんか。あるいは、誰かと過ごすより、ひとりきりの時間を幸せに思うこともあるでしょう。

「ニクセン」とは、オランダ流のストレス軽減方法で「何もしないでのらくらすること」を意味します。ストレスや燃え尽き症候群の改善に取り組む団体「CSR Centrum」でコーチを務めるCarolien Hamming氏は「窓の外を眺めたり、ぶらついたり、音楽を聴いたりするように、目的を持たずに何かをする」ことだと説明しています。

Hamming氏は、次のように述べています。「私たちの内なる声は、常に『何か役に立つことをしなさい』と言っています。あなた自身のために、家族のために、世界のために…。ですから、niksenを実践するのは本当に大変なことなのです」

ライフハッカー[日本版]より引用)

「なにもしない」ことに罪悪感をもたない

20180320_lh_niksen_2

「何もしない」ことは一見、ネガティブなことにも感じます。仕事でもプライベートでも、常に生産的であろう、有意義な行動をしようとすることが正しく、「何もしない」ことはいけないことだ、と考えがちです。

しかし、いつも何かしている状態では、体も心もいずれパンクしてしまいます。生産性至上主義の現代社会では、ときには、一度すべてをスローダウンして「何もしないことを楽しむ」メンタリティーも大切なのです。

Hamming氏は「健康でいるためには、定期的にニクセンを実践することが大切だと思います。起きている状態で行なう、一種の心の休養と回復のようなもの」と言います。つまり「ニクセン」とは、ぎゅうぎゅう詰めのスケジュールに縛られる現代人に必要な「人生の休息」なのです。そのためには、ひとりきりの時間を大切にして、何もしないことを自分に許し、心のなかにある罪悪感や期待を手放してしまうことが重要です。

Hamming氏は次のように述べています。「自然界では、ほとんどの動物が一生の3分の2にあたる時間を何もせずに過ごしています。動物たちは、あくびをし、周りを見渡し、ちょっとした食事にありつけるまでの間、座って待っているのです。ですからniksenは、生きものの自然なありようだと思います」

ライフハッカー[日本版]より引用)

じつは、何世紀も前から哲学者や作家たちによって、インスピレーションは「何もしない」ときにひらめくことが証明されていました。入浴中や単純作業中など、「無心」でいる状態で「ひらめきの瞬間」を体験したことのある人もいるのではないでしょうか。

「何もしない」ことを徹底的に実践し「人生の休息」を楽しむことで、仕事やプライベートの生産性も高まります。最近、心が疲れているな、と感じていたら「ニクセン」を試してみてはいかがでしょう。

ライフハッカー[日本版]
photo by Getty Images

  • facebook
  • twitter
  • hatena
cafeglobe編集部

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。