1. Home
  2. Work
  3. アイデアの連鎖反応がおこりそう。Surface×Steelcaseの共創空間 [MASHING UP]

MASHING UP/マッシングアップ vol.1

アイデアの連鎖反応がおこりそう。Surface×Steelcaseの共創空間 [MASHING UP]

Sponsored

20180228_mu_ms_exbn

2018年2月22〜23日にトランクホテルで開催されたビジネスカンファレンス「MASHING UP」。Unleash Yourself (自分自身を解き放とう)のテーマの下、多彩なセッションやワークショップが繰り広げられました。カフェグローブはイベントに密着取材、パワフルな現場の様子をレポートします!

MASHING UP会場の1階では、日本マイクロソフトのエキシビションを開催。 オフィス家具メーカーのグローバルリーダーであるスチールケース社おしゃれな空間でSurfaceをタッチ&トライできる贅沢な環境です。 携帯性に優れ持ち運びに便利なSurface Proから、会議などに使うコラボレーションデバイスSurface Hubまで、思う存分触ってきました!

Surfaceファミリーにタッチ&トライ

20180228_mu_ms_exbn_10

エキシビションの会場には、ずらりとSurfaceファミリー製品が並びます。 さらに、マイクロソフトとコラボレーションするスチールケース社のオフィスインテリアが展示されていました。スチールケースは、アメリカで創業以来100年以上の歴史を持つオフィス家具メーカー。個々のクリエイティビティ(創造性)が発揮されるようなオフィス環境づくりを、家具のデザインだけでなく全体空間としても提案しています。会場では、さまざまな人が思い思いにSurfaceを使ったり、イスに腰かけたりしていました。

ペンやダイヤルを使った初めての体験が楽しい

20180228_mu_ms_exbn_8

まず、Surface Proを使ってみます。ペンとディスプレイにはマグネットが内蔵されていて、磁力で強力にくっついているので、本体を振ったくらいでは外れません。見た目もスマートです。カラーバリエーションも豊富! どれもシックなので、ビジネスにもぴったりです。もちろんキーボードを取り外してタブレットとしても使えます。

20180228_mu_ms_exbn_1

Surface Laptopは、キーボードの周りのパームレストの部分はアルカンターラ素材が使われ、コルクのようなしっとりした質感で、とても触り心地がいい。天板だけではなく、パームレストにもカラーが反映されているのが嬉しい! 使うのが楽しくなりそうです。

20180228_mu_ms_exbn_7

Surface Book 2は、一見すると普通のノートパソコンですが、キーボード部分から、ディスプレイ部分を取り外してタブレットしても使える2-in-1型のノートパソコンです。ディスプレイ部分を反対方向にも取り付けられるので、畳んだ状態では、GeForce GTX 1050 が動作する超高性能なタブレットとしても使えるのです(GPUが内蔵されていないモデルもあります)。机が使えないときなどに便利そう。

20180228_mu_ms_exbn_9

20180228_mu_ms_exbn_5

初めての体験だったのは、Surface Studio。画面の角度を簡単に変えられます。また、ペンとダイヤルの使い心地にびっくり! ダイヤルは、テーブルに置いたままで画面の設定を操作できます。Zen Brush 2という書道アプリを使いましたが、ダイヤルで太さや、傾きを変えながら線を描くことができ、これまでにない表現が可能になると思いました。

ひとりの作業がこんなに快適! スチールケース社のオフィスインテリア

20180228_mu_ms_exbn_6

スチールケース社のオフィスインテリアには感動しました。ボックス席になっているので、とても集中できます。ソファのように背もたれに寄りかかった状態で、パソコンのデスクを体に引き寄せて作業ができ、フットレストもあるので快適! サイドの手元と足下にテーブルもあるので、資料を置いたり、手書きのメモをしたりでき、至れり尽くせりのパーソナルスペース。人間工学に基づいているらしく、納得です。

大きな画面にペンで描き、指でも操作ができるSurface Hub

20180228_mu_ms_exbn_3

驚くほどスムーズに動く大画面がSurface Hub。会場ではイベント参加者が自由に書き込めるメッセージボードとして活用されていました。ペンの書き心地も申し分なしです。また、両手で拡大縮小するのがとても気持ちいい! ツールが本当に活用されるかどうかは、機能はもとより気持ちよさが大事ですよね。表示されていたWhiteboardというアプリは、スクロールすれば無限に広げて書いていけるそう。アイデアが広がりすぎても安心です。

20180228_mu_ms_exbn_2

初めての体験が多く、とにかく楽しいタッチ&トライ! こんな風に使えそう……とイメージが膨らみました。こんな素晴らしいツールと、オフィス環境があれば、発想もすごく豊かになりそうです。

Sponsored by 日本マイクロソフト株式会社

Microsoft

撮影/野澤朋代、取材・文/栃尾江美

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    MASHING UP/マッシングアップ vol.1

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。