1. Home
  2. Social good
  3. おじさん VS 世界 「若者よ、自意識を捨ててラクになれ」 [MASHING UP]

MASHING UP/マッシングアップ vol.1

おじさん VS 世界 「若者よ、自意識を捨ててラクになれ」 [MASHING UP]

201803_mu_ossan_top-1

2018年2月22〜23日にトランクホテルで開催されたビジネスカンファレンス「MASHING UP」。Unleash Yourself (自分自身を解き放とう)のテーマの下、多彩なセッションやワークショップが繰り広げられました。カフェグローブはイベントに密着取材、パワフルな現場の様子をレポートします!

2日間に渡って行われた MASHING UPのなかでも、ひときわ異彩を放っていたセッションがこちら! その名も「おじさん VS 世界」。

破壊力抜群! おっさんトークに聞き惚れる

自らを「おっさんです」と言い切る、元WIRED JAPAN編集長の若林恵さん、「おっさんだとは思いたくないけど……おっさんです」と自己申告するヤフー株式会社安宅和人さん、そして若者の立場からおっさんを観察する「おっさん予備軍」、Campus for H石川吉樹さんが集結。個性豊かな面々をインタビューするのは、「おっさんとの溝を感じている」という株式会社マッシュ中村寛子さんという布陣です。

201803_mu_ossan_nakamura

株式会社マッシュの中村寛子さん

さて、このセッション、おいそれと要約できるようなものではない、というのが正直なところ。深いようなよく分からないような、とにかくずっと聞いていたい! という不思議な吸引力で会場を虜にしたのでした。話題は、「おっさんの定義」「キレるおっさんの脅威」「社会の変化とおっさんの立ち位置」「オルタナティブなおっさんはいるのか」と広がり、終了時間になってもトークはますます白熱……!

中村さんが「お時間ですので」と何度も締めようとするものの、終わる気のないおじさんたち、いとも鮮やかにおしゃべり続行。リスナーもきっと、この時間が永遠に続けばいい、と願っていたのではないかと感じます。

会場の空気感を少しでも伝えるべく、セッションの一部を抜粋してお届けします。

自意識から解放され、おっさんの世界へ

(以下、敬称略)

中村「なぜおっさんと若者の間に溝が生まれるのか。若林さんも20代の頃には『あんなおっさんにはなりたくない』と思っていた時期があったと思うんですが……」

若林「おっさんもおばさんも割と考えずに、ものを言ったりするじゃない。それって、めんどくさい自意識から突然解放される、みたいな」

201803_mu_ossan_wakabayashi

元WIRED JAPAN編集長の若林恵さん

安宅「第三形態ですね。子ども→青年→おっさん! 」

201803_mu_ossan_ataka

ヤフー株式会社の安宅和人さん

若林「そう。そのときに、なんてすてきな解放なんだと思ったんですよ。ダジャレがつまんない? え? だからどうしたって感じよ、こっちからしたら。自分的には、それはいい成長なんですよ。

若者が自意識にからめとられているのって、はっきり言って苦痛なはずなんですよ。たとえば企画会議とかでも、ダサいことを言うとダサい奴だと思われるみたいな自意識。そんなことどうでもいいんだよ、思いついたこと全部言ってくれる? そこに自意識とかあると邪魔なんで、そういうの、置いてきてもらっていいですか? と、こっちは思ってるんだけど、そうすると、『ちょっと僕、そういうんじゃないんで』とかさ。お前の話じゃねえし! お前の好きとか嫌いとかどうでもいいし!っていうようなことがあって。……んーと、で、コレ何の話?

石川「まさにこれがおっさんですね(笑)」

201803_mu_ossan_ishikawa

Campus for Hの石川吉樹さん

中村「若林さん、たまに迷いますよね。熱くなってきて

若林「いや、あたしは迷ってないですよ。聴いてるみんなが迷ってるだけで、あたしは普通に喋ってるだけだから(笑)」

笑い声の絶えないトークから、「おっさんと世界は分かり合える」「おっさんになるのも悪くない」と感じた方は少なくなかったはずだと想像します。奥深きおっさんの世界は到底語りつくせぬまま、第2弾の開催を誓って終了しました。

201803_mu_ossan_last

おじさん VS 世界

MASHING UP 2月23日 13:50〜14:30 @トランクホテル 1F
中村 寛子(マッシュ)、安宅 和人(ヤフー株式会社)、若林 恵(元WIRED JAPAN)、石川 善樹(Campus for H

撮影/野澤朋代、取材・文/浦上藍子

  • facebook
  • twitter
  • hatena
浦上 藍子
上智大学フランス文学科を卒業後、出版社にて勤務。2014年よりフリーランスの編集・ライターに。育児、生活実用、ビジネス・ライフスタイル分野の雑誌、Web、書籍を中心に活動。趣味はフラメンコ。

    MASHING UP/マッシングアップ vol.1

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。