1. Home
  2. Work
  3. 枠にとらわれない働き方「複業」で得られるものは?[MASHING UP]

MASHING UP/マッシングアップ vol.1

枠にとらわれない働き方「複業」で得られるものは?[MASHING UP]

20180305_mu_work_1

2018年2月22〜23日にトランクホテルで開催されたビジネスカンファレンス「MASHING UP」。Unleash Yourself (自分自身を解き放とう)のテーマの下、多彩なセッションやワークショップが繰り広げられました。カフェグローブはイベントに密着取材、パワフルな現場の様子をレポートします!

増えつつあるパラレルワーク

ここ数年、広まりつつある副業解禁の動き。働き方改革の一環として、副業・兼業を推進する企業も増えています。

複数の会社の正社員となったり、企業に勤めながら自身でも事業を立ち上げたりと、副業のあり方も変わっています。収入を補うためのお小遣い稼ぎといった位置づけから、キャリアアップや豊かな経験を積むために、複数の仕事の両立、すなわち「複業」をこなすパラレルワーカー、ボーダレスワーカーが現れ始めたのです。

本セッションには、会社員、起業家、フリーランスといった垣根にとらわれず、自由に行き来する4名が登壇。複業を両立させるために心がけていること、新しい働き方で得られることを語り合います。

好影響を与えあう正のスパイラルが生まれた

20180305_mu_work_6

リクルートキャリアで働きながら株式会社HARESを創業した複業研究家の西村創一朗さん

「やりたいことはいろいろあって、一つに絞りたくない。そう考えると、複業をしない理由がないんです」と話すのは、複業研究家の西村創一朗さん。リクルートキャリアで営業職として仕事をしながら、新規事業創出にも携わりたいと株式会社HARESを設立。人脈が広がったり、思わぬひらめきが生まれたりと、2つのフィールドがお互いに好影響を与えあう正のスパイラルが生まれた、と語ります。

仕事の達成度を明確にはかる

20180305_mu_work_3

一般社団法人at Will Work代表理事で、株式会社お金のデザインで広報を務める藤本あゆみさん

何を成し遂げるか、それを何ではかるか、ということを常に考えています。お金のデザインの広報では、THEO(テオ)というサービスを世の中に知ってもらうことが目的。その達成度を何で見るかといえば、例えばメディアに掲載された数などですよね。これをしないと、会社に何時間いたか、といったことで仕事を評価することになってしまう」。一般社団法人at Will Work代表理事であり、株式会社お金のデザインで広報を務める藤本あゆみさんは、それぞれの仕事の目的、定義を明確にすることが習慣として染みついているそう。

組織の中で自分の仕事をはっきりさせる

20180305_mu_work_4

ソニー株式会社で働きながら株式会社ハピキラFACTORYの代表取締役も務める正能茉優さん

「それ、すごく大事! そうじゃないと、あいつ何やってるんだ、って上司も不安になっちゃう」と実感を込めて同意するのは、ソニー株式会社で新商品企画などに携わる正能茉優さん。学生時代に立ち上げた株式会社ハピキラFACTORYの代表取締役も務める彼女は、自分の仕事をきちんと設定し、組織のなかで共有することの重要性を感じています。「今週やったこと、来週やりたいこと、そのために必要なこと。わたし、上司を追いかけ回して報告してます」

心のボーダーを越えることも大事

20180305_mu_work_2

Tokyo Work Design Weekオーガナイザーで、&co代表取締役の横石崇さん

進行役のTokyo Work Design Weekオーガナイザーで、&co代表取締役の横石崇さんは、こんな風にセッションを結びます。「みなさんのお話しを伺って、会社の枠だけでなく、心のボーダー、境界を越えていく力も大事だと思いました」。

* * *

やりたいことを諦めず、さまざまなフィールドで活躍するパラレルワーカー。いくつもの仕事を同時にこなすからといって、決して中途半端ではなく、それでいて仕事に忙殺されているわけでもない。

パラレルな環境を楽しむこと、そしてそこで出会う人とのコミュニケーションを大切にする姿勢さえあれば、案外、会社や組織の枠はヒョイっと超えられるものなのかも! そんな勇気が湧いてくる、パワーに満ちたトークセッションでした。

会社員かどうかではなく。枠にとらわれない働き方を考える

MASHING UP 2月23日 @トランクホテル 1F
藤本あゆみ (at Will Work)、正能茉優(ハピキラFACTORYソニー)、西村創一朗 (HARES)、横石崇(Tokyo Work Design Week&Co.

撮影/今村拓馬、取材・文/浦上藍子

  • facebook
  • twitter
  • hatena
浦上 藍子
上智大学フランス文学科を卒業後、出版社にて勤務。2014年よりフリーランスの編集・ライターに。育児、生活実用、ビジネス・ライフスタイル分野の雑誌、Web、書籍を中心に活動。趣味はフラメンコ。

この記事に関連する人

    MASHING UP/マッシングアップ vol.1

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。