1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 今の仕事でマストの英単語は? 業界別に学べる英語アプリ

今の仕事でマストの英単語は? 業界別に学べる英語アプリ

20180309_spartastudy_top

仕事で使える英語学習に定評のある英会話スクール「スパルタ英会話」から、業種特化型英会話アプリ「SPARTA STUDY」が登場しました。

20180309_spartastudy_1-1

通常、ビジネスにおける英会話は、携わる業種や業界により、使用する単語やフレーズが大きく異なります。そこで各業種・業界別に使用頻度が高い単語を優先的に習得できるアプリを開発したのです。

業界別英語学習アプリはほかにも存在するのですが、提供される業界数があまり多くないという難点がありました。このSPARTA STUDYは、金融、会計、教育、コンサル、農業・漁業、アパレル、音楽、開業予定者……など、24という豊富な業界から選択可能

サンプル版をさっそくお試し

20180309_spartastudy_2

アプリを無料ダウンロードしたらアプリを起動し、業界を選択(筆者の場合は「出版」、加えて「TOEIC対策」も)。すると出版業界での頻出単語が意味を選択する形式で出題され、クイズ感覚で解いていきます(楽しい)。

残念ながら、サンプルで体験できるのはここまで。以降は有料コンテンツとなりますが、1か月のお試しコース1,980円、3か月コースだと1,580円/月、以降、期間が延びるごとに月の利用料が割安になって、全体的にリーズナブルな印象です。

属性をもとにアプリが学習設計。短期で効率よく

有料コースに登録すると、英語レベルや英語使用頻度、学習目的、学習性格タイプなどの属性チェックがなされ、それらのユーザー情報をもとに学習設計をしてもらえます。学習した単語が多く含まれる専門分野記事のシャドーイングなどもでき、かつ楽しく反復・復習できる工夫も。

なお、同アプリを提供するスパルタ英会話の小茂鳥雅史代表が目指すのは、短期間で集中し、効率重視で行う学習。

「ほとんどの英会話スクールが長期の英語学習を推奨し、搾取型のビジネス展開をしています。また、学生時代に文法メインで学習をするため実践会話の習得が乏しく、英語学習が楽しいという感覚を得られていない実情があります」(小茂鳥さん)

そこで、同アプリは短期集中で成功体験を得られる体制「O2OR ラーニングシステム」を採用し、3か月で最大1000時間の学習提供を実現しています。

語学の習得は1日にして成らず。よって継続学習が重要ですが、英会話スクールへ毎日通うのは、なかなかな負担。アプリなら寝起きや就寝前、移動中など、自分で時間を作って学習を進めることができるので、忙しい人にこそフィットしそうです。

というわけで、物は試しに、まずはダウンロードを。

SPARTA STUDY

URL:http://spartan-english.jp(スパルタ英会話) ※アプリのダウンロードはこちら。1か月コース1,980円、3か月コース1,580円/月、6か月コース1,280円/月、12か月コース980円/月、無制限49,800円/月

  • facebook
  • twitter
  • hatena
多田亜矢子
編集&ライター。2006年、マガジンハウスに入社。雑誌『Hanako』『GINZA』編集部に勤務し、ビューティ、ファッション、グルメなどを担当。現在はフリーランスとして「Hanako.tokyo」や「FUDGE.jp」などで活動中。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。