1. Home
  2. キャリア
  3. 6割強が#MeTooを知らない。3月8日国際女性デーに「男女格差」を考える

6割強が#MeTooを知らない。3月8日国際女性デーに「男女格差」を考える

20180308_women_top2

photo by Getty Images

日本社会の男女格差。あなたはどう感じていますか?

たとえば今、セクシャルハラスメントの告発運動である#MeTooが、グローバルな拡がりを見せています。女優たちの黒いドレス姿が会場を埋め尽くしたゴールデン・グローブ賞授賞式の映像は世界中に配信され、その問題の根深さを浮き彫りにしました。

#MeToo、よく知らない人がほとんど

しかし、市場調査メディアHoNote(ホノテ)が20~69歳の男女に向けて実施した「日本における男女格差」調査では、この#MeToo運動を「知っている」と回答した人は21%「知らない」と答えた人が65%もいることがわかったのです。

さらには「日本は男女平等と思うか?」という質問にも、男女問わず64%が「そうは思わない」と回答しています。

男性の回答だけで見ても57%と半数以上を占め、日本における男女平等は、まだまだ後塵を拝していると言わざるを得ません。事実、世界経済フォーラム(WEF:World Economic Forum)が発表する、 各国の社会進出における男女格差を示す指数「ジェンダーギャップ指数」においても、 日本は2016年には144か国中111位、 2017年は144か国中114位と過去最低を更新しています。

20180308_women_1

調査でも「男女格差が大きい」と思う場面について、

・1位「管理職への登用」77%
・2位「育児に対する役割」74%
・3位「職場での役割」62%

と言う回答。つまり仕事の場で実感することが多いということになり、「ジェンダーギャップ指数」を裏打ちする結果になりました。

働く女性たちは、結果を見ずともすでに実感していることでしょう。少しでも改善することはできないのでしょうか。

そもそも男女の格差ってなんだろう

20180308_women_2

photo by Getty Images

レディースデイや女性専用車両など、女性が優遇されることも増えてきました。一見、状況は少しずつでもよくなってきているようにも見えます。けれど、私たち女性が本当に欲しいのは、そんな“女性だから”を掲げた手厚さではありません。

逆差別、逆セクハラという言葉もそこまで珍しくなくなりました。男女が逆転しても問題が起こるというなら、本質は「男女差」をどうにかするのではなく、お互い同じ“人”として尊重しあうことがキーワードなのではないかと筆者は思います。

折しも、3月8日は国際女性デー。本当の男女平等について、あなたももう一度考えてみませんか。

HoNote

  • facebook
  • twitter
  • hatena
小林聖
インターネット黎明期よりIT業界にてさまざまな業務に関わる。多くのWEBメディアや携帯サイトのコンテンツ制作を経験したことから、ライターに。 過去にオランダに四年、香港に三年半生活。現地ローカル企業での就職もあり、さまざまな文化に触れた経験を生かしてグルメや旅、ラグジュアリーホテルなどの記事を担当。 プライベートはむしろアナログを好み、漫画より小説、テレビより映画を偏愛。また普段から着物を愛好し、普段着物研究家を自称。日常で着物を着る人を増やしたいと、ブログでの情報発信や普及活動も行っている。 http://www.daily-kimono.tokyo/

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。