1. Home
  2. ライフスタイル
  3. オンとオフを切り替える。アマン東京の夕暮れどき限定サービス

オンとオフを切り替える。アマン東京の夕暮れどき限定サービス

20180418_aman-tokyo_1

仕事が終わった後、まっすぐ自宅に帰る気にならない時ってありませんか。日中のオフィシャルなモードから自分モードに戻るために、なにかしらスイッチが必要な日があるのではないか、と思っています。

そんな時にぴったりなスペシャルプロモーションをアマン東京で見つけました。

20180418_aman-tokyo_3

ハッピータイムは美しい夕暮れとともに

アマン東京33階の「ザ・ラウンジ by アマン」のスペシャルプロモーション「サンダウナーズ」では、午後5時から8時までグラスのシャンパンやワイン、ビール、カクテルを注文すると、季節の食材を使ったアミューズを1杯ごとに1種サービスしてくれます。ドリンクをオーダーするごとにそれぞれ異なるアミューズがついてくるのも嬉しい心遣いです。

そのドリンクもスタンダードなものだけでなく、アマン東京らしい和のカクテルも数多く用意されています。例えば「アマン東京オリジナルモヒート」は、滋賀で作られる国産ラム、ナインリーブズに、京都産氷砂糖シロップ、そして薄荷の中でも群を抜くメントール含有量と香りを誇る青森産の和種ハッカ(日本薄荷)を使用した純国産ジャパニーズ・モヒートです。他にも高知産100%の柚子のジュースを使用した「柚子- Yuzu –マティーニ」など、メニューにあれこれ迷うことがすでに一日のごほうび。

もちろん、イチローズモルトや富士山麓など、日本が誇るウィスキーなども用意されているので、自分なりのこだわりの一杯も楽しめます。

20180418_aman-tokyo_2

忙しい日常の中、「自分スイッチ」はきっとたいしたことでなくていいのです。ほんの少しの時間、オフィシャルでもなくオフでもない、非日常の空間に身を委ねる。そんなことだけでも、忙しさに煮詰まった気持ちがほぐれるのがわかるはず。

「サンダウナーズ」とは、英語で「夕暮れどきの一杯」の意味なのだそう。だんだん日が長くなるこれからの季節、カウンター越しの窓から見える新宿副都心の夕暮れの景色も「自分に戻る時間」を美しく彩ってくれるに違いありません。

サンダウナーズ

時間:17:00pm~20:00pm
場所:ザ・ラウンジ by アマン(営業時間11:00~24:0))/アマン東京33階
電話:03-5224-3339
料金:ビール/1,200円、カクテル/2,100円~、ワイン/1,900円~、シャンパン/2,200円~(すべて税・サ別) ※上記1杯につきアミューズを1品サービス

アマン東京 ザ・ラウンジ by アマン

  • facebook
  • twitter
  • hatena
小林聖
インターネット黎明期よりIT業界にてさまざまな業務に関わる。多くのWEBメディアや携帯サイトのコンテンツ制作を経験したことから、ライターに。 過去にオランダに四年、香港に三年半生活。現地ローカル企業での就職もあり、さまざまな文化に触れた経験を生かしてグルメや旅、ラグジュアリーホテルなどの記事を担当。 プライベートはむしろアナログを好み、漫画より小説、テレビより映画を偏愛。また普段から着物を愛好し、普段着物研究家を自称。日常で着物を着る人を増やしたいと、ブログでの情報発信や普及活動も行っている。 http://www.daily-kimono.tokyo/

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。