1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 暗号を読み解き、一攫千金を。楽しいレゴアート

暗号を読み解き、一攫千金を。楽しいレゴアート

「趣味は美術館めぐり」と聞くと、文化的な人だという印象を抱きます。なんとなく、高尚な趣味のように感じるんです。 わたしが「アート=高尚」だと感じるのは、過去に、作品を理解しようと試みるも失敗に終わった経験があるから。

でも、気づきました。解説文がついていない限り、作品だけで作者の想いを100%理解するのは無理。絵や立体作品から読み解くのは、暗号解読に近いのだ、と。

さて、こちらをご覧ください。これ、なんだと思われますか?

20180404_andybauch_1

これは、ギズモード・ジャパンで紹介されていた、レゴブロックを使ったモザイクアート。これ、まさにアートであり、暗号です。

Andy Bauchさんによる抽象画なのですが、単なる絵ではなく、ここには彼が2016年に購入したビットコイン、ライトコイン、その他のアルトコインなど、なんと仮想通貨ウォレットの秘密鍵が隠されていて、読み解けた人は回収できるのです! ね、暗号とその解読のようでしょう??

「わたしがやっていることの多くは、新しいテクノロジーと人間とのギャップを埋めようとするものです」(Bauchさん)

20180404_andybauch_2

アルゴリズムによってパターン生成された秘密鍵を調整し、アートの要素を組み入れながらイメージとして出力。作品には購入時の価格と、どの仮想通貨なのかがタイトルとして書かれており、ウォレットの時価はライブフィードで公開されています。仮想通貨市場は移ろいやすいので、作品の価値も比例して変動する点が面白い。

20180404_andybauch_3

アートには、鑑賞者が見たものを思いのままに解釈して楽しむ自由がありますが、このレゴアートに限っては、何としても作者の意図を読み解きたい!

作品の購入者には、Bauchさんが特別にヒントを教えてくれるとのこと。一攫千金を狙ってアートを購入してみるのはいかがですか?

GIZMODO JAPAN, GIZMODO US

Image via Andy Bauch

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    暗号を読み解き、一攫千金を。楽しいレゴアート

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。