1. Home
  2. ライフスタイル
  3. FENDIの新作は小鳥のように軽やか。旬な足元へ導く「コリブリ」

FENDIの新作は小鳥のように軽やか。旬な足元へ導く「コリブリ」

いよいよ春夏モノを楽しめる気候になってきました。暖かくなってきた喜びをめいっぱい表現でき、なおかつ今季のトレンドを押さえられるアイテムをご紹介しましょう。「フェンディ」の新作シューズ「コリブリ」です。

今年のトレンドを牽引

今季のトレンドキーワードに挙げられる、カラフルシアーチェック。コリブリは、このすべてを兼ね備えています。

20180412_fendi_1

プリントメッシュやリボンのディティールを加えた「コリブリ」。写真はスリングバックシューズ104,000円(税別)。そのほかオーバーニーブーツ、フラットタイプなども。※カラーやデザインにより価格は異なる

というのも、フェンディの今シーズンのウィメンズ・コレクションのテーマは、ブランドのDNAである二面性(デュアリズム)を表現する、2つのテーマの融合体「トロピカル・フューチャリズム」。デザイナーのカール・ラガーフェルドは、20世紀前半にイタリアを中心として起こった前衛芸術運動であるフューチャリズムと、当時多く登場した幾何学模様からインスピレーションを受けました。

20180412_fendi_2

透け感のあるプリントソックスを合わせるのが今季らしい。

このトロピカル・フューチャリズムを実現させる際、大切なポイントとなったのが軽快さ。そこでリゾートを連想させるエアリーな質感や素材を採用することに。これにより、ウェアではシアーな素材にプリントされたストライプが重なり合ってチェック柄に見えるなど、楽しい視覚効果が生まれました。

20180412_fendi_3

さて、新作シューズについて。コリブリは、コレクションテーマのトロピカルにちなみ、熱帯に生息する色鮮やかな小鳥から、その名が付けられたのだそう。カラフルな鳥を彷彿とさせるマルチカラーに、軽やかな素材、そしてそこにプリントされたチェック柄足元を一気に旬な雰囲気にしてくれる一足です。

20180412_fendi_4

ちなみにこちらのシューズ、歩きやすさもお墨付き。フェンディではレザーグッズのみならず、シューズにも熟練職人が手作業を施しています。本作ではヒール部分に、スポーツウェアやスニーカーに用いられるナイロン製のクッションとラタンを用いるなど、クラフツマンシップに最新テクノロジーを融合させました。

20180412_fendi_5

フェミニンな印象の構築的なシルエットでありながら、安定感は抜群。小鳥のような軽やかな動きが可能です。

フェンディ

電話:03-3514-6187(フェンディ ジャパン)

フェンディ

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    FENDIの新作は小鳥のように軽やか。旬な足元へ導く「コリブリ」

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。