1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 家でバリスタのコーヒーを。IoTコーヒーメーカーで好みの味を再現

家でバリスタのコーヒーを。IoTコーヒーメーカーで好みの味を再現

コーヒーメーカーにもIoTが導入される時代となりました。「GOAT SOTRY」から発売される「GINA」です。

コーヒーについてさほど詳しくないし、現状のコーヒーメーカーでもそれなりにおいしく淹れられているのでそれで十分、なんて言っていてはもったいない。このGINAは、コーヒー初心者こそ入手すべきものだと思います。

20180419_gina_1

プアオーバー、イマージョン(浸漬法。エアロプレス、サイフォン、フレンチプレスなどはこの浸漬法におおよそ分類される)、コールドドリップの3種の抽出法から好みのテイストを選択、再現できるスマートコーヒーメーカー「GINA(ジーナ)」39,000円(税別)。本体内蔵のビルトインスケールがコーヒーの粉や注ぐお湯の量を計測。世界中のユーザーのレシピを参考にできる。

コーヒーには豆の種類はたくさんあるし、豆の挽き方、抽出の仕方……と、レシピがたくさん存在します。つまり味わいの幅を広げられる可能性が、レシピの数だけあるということ。ただ、初心者にとってはどの豆に対してどんな抽出法がいいのか、判断ができません。そこで活躍するのが、GINA。

スマホの指示に従うだけ。自分の手がバリスタのように

GINAはスマートフォンとBluetoothで連動しています。作り手自身がバリスタになった気持ちで、スマホに表示される指示どおりに動くだけでOK。

20180419_gina_2

まずは好みのレシピデータをスマホでチェックし、必要なコーヒーの粉の量を確認。GINAの底部にスマートスケールが付いているので、ファネル(じょうご)に粉を入れるだけで計量可能です。ファネルの下に付いた調整バルブは、締めておくことで蒸らしを、抽出速度を設定することで最適な抽出を実現。よってレシピに示された時間どおりにバルブを締めておき、抽出速度を選んだら、あとは待つだけ。

20180419_gina_3

「豆の挽き具合、ブルーミング(豆をお湯で咲かせて蒸らす工程)のタイミング、抽出時間の設定など、コーヒーを上手に淹れるポイントを、コーヒーを淹れる過程の手順に沿って詳細にアプリに落とし込んでいるので、バリスタレベルのハンドメイドコーヒーを何度でも再現できます。テクノロジーと、自分で淹れるというマニュアル作業を融合した点も画期的だと思います」(広報 志渡澤和樹さん)

たしかに、コーヒーメーカー任せにするよりも、自分で淹れることでコーヒーへの興味がより深まります。豆はどうしようかな、どうやって淹れようかなと、冒険してみたくなるはずです。アプリを通じて世界中のユーザーとレシピを共有できるので、GINAはそんな冒険心も満たしてくれるでしょう。

20180419_gina_4

ちなみにGINAはコーヒー以外にも、抹茶、ハーブティ、ミントティ、緑茶など、その他のお茶にも対応しています。いかがでしょう、お家ティータイムが充実しすぎて、わざわざカフェまで行く必要がなくなりそうじゃありませんか?(=経済的!)

GOAT STORY

電話:03-5849-4141(ウェルリッチ)

GINA

  • facebook
  • twitter
  • hatena
多田亜矢子
編集&ライター。2006年、マガジンハウスに入社。雑誌『Hanako』『GINZA』編集部に勤務し、ビューティ、ファッション、グルメなどを担当。現在はフリーランスとして「Hanako.tokyo」や「FUDGE.jp」などで活動中。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。