1. Home
  2. キャリア
  3. 知ったかぶりは緊張の元。セブン&アイ鈴木会長の心をつかむ話し方

知ったかぶりは緊張の元。セブン&アイ鈴木会長の心をつかむ話し方

ビジネス格言

20180414_word

人前で話をする時の基本は、自分が知っていることを、できるだけ平易な言葉、平易な話し方でそのまま表現することです。

——鈴木敏文

株式会社セブン&アイ・ホールディングス代表取締役会長の鈴木敏文氏の著書『働く力を君に』からの一節です。

鈴木氏は、1963年株式会社イトーヨーカ堂に入社、その後1973年には米サウスランド社と提携し株式会社ヨークセブン(現株式会社セブン-イレブン・ジャパン)を創業しました。

鈴木氏はある時、知人から「どうしたら人前で緊張せずにうまく話せるか」という相談を受けたそうです。鈴木氏の答えは、“知ったかぶりをせずに、自分がよく知っていることだけを飾らない言葉で話すこと”というものでした。

自分を良く見せようとすると、焦って余計に緊張してしまうもの。投資家のウォーレン・バフェット氏が受講したというデール・カーネギーの講座でも「自分がよく知っていることを話す」のが良いスピーチをするポイントだと教えているそうです。

“ありのまま”の自分の方が、聞き手の心をつかむことができそうです。

鈴木敏文『働く力を君に』(講談社)

Image via Getty Images

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    2019.04.13.Sat

    【終了】シチズン時計株式会社「NewTiMe, New Me」キャンペーン × MASHING UP
    〜明日からできる、世界をほんの少し変える選択〜

    common ginza (GINZA PLACE 3F)

    知ったかぶりは緊張の元。セブン&アイ鈴木会長の心をつかむ話し方

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。