1. Home
  2. キャリア
  3. キャリアのもつれが、スルスルほぐれる。仕事の転換期で見直すポイント

キャリアのもつれが、スルスルほぐれる。仕事の転換期で見直すポイント

「今、あなたはキャリアを歩む中で、何を大切にしていますか?」

日々の仕事をこなし目の前のことに精一杯になっていると、長期的な視点を見失いやすくなり、大きな目標に向かって進みにくくなります。

そんな時こそ、立ち止まって考える時間を持つことが大切。

今回は「ライフハッカー[日本版]」より、パーソナルファイナンシャルライターのAliciaさんのアドバイスを参考に、30代・40代のキャリアの転換期に自問すべきことをご紹介します。

自分のキャリアは思い描いていたように進んでいるか?

shutterstock_570038653-1

仕事で安定した状態であれば、自分のキャリアにおける今の自分の居場所や、どういう位置にいたいのかを見つめ直すことができます。「現在までの道のりに満足しているか?」「自分が望むキャリアパスにいるか?」もしそうであれば、すばらしいことです。そうでなければ、再調整しましょう。

ライフハッカー[日本版]」より引用

30代になると、キャリアの最初に描いていたゴールや道のりとは、違った状況になることもあるはず。まずは、自分の心に正直になって、今の状況をどう感じているかを考えてみてください。

再調整をするなら、「やりたいことがわからない時の解決法」や、転職経験者が語る「大企業をやめるわけ、やめないわけ」を紹介しているカフェグローブの記事を参考にしてみてくださいね。

限界をつくらず、成長する。

shutterstock_640348066-1

どのような方法や道であれば、自分はまだ成長できるか? 自分がトップに立ったからといって、成長する余地がないということではありません。キャリアの早い段階から専念してきたスキルや能力で名声を築いたのであれば、どんなことでもそれほどリスクなく、学び成長し続けるチャンスがあります。 ですから、うまくなりたかったと思っていたことや、別の業界で魅力を感じているものがないか自問自答してみましょう。

ライフハッカー[日本版]」より引用

40代になって、経験を積んできた世界から、新しい世界に飛び込むのはとても勇気がいること。しかし、成長し続けるためには、いつでもフレッシュな好奇心を持っていることがキーと言えそうです。

例えば、日々の中で「気になったもの」や「わからないもの」をメモし、休日に勉強してみること。昔から好きだったことや、憧れていることをもう一度思い出し、その姿に近づく方法を考えてみることなど、できることから暮らしの中に取り入れてみてくださいね。

他にも、カフェグローブのこちらの記事ではキャリアの転換期にするべき質問が紹介されていますので、ぜひチェックしてみてください。

Source: FastCompany Alicia Adamczyk - Lifehacker US[原文

Image via Shutterstock

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    キャリアのもつれが、スルスルほぐれる。仕事の転換期で見直すポイント

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。