1. Home
  2. コミュニケーション
  3. 「母親みたいには絶対なりたくない」って思っていたのに……

「母親みたいには絶対なりたくない」って思っていたのに……

The New York Times

20180530_nyt_1

過去の自分が決めたことを、“今の”自分の意思だとして、感情に蓋をしてしまう。
そんな経験はありませんか。

今回紹介するのは、 母や祖母の姿を見て、子どもを持たないことを決めていたカサンドラ(Cassandra)のストーリー。カサンドラは都会での一人暮らしに憧れ、子どもを望まないパートナーと結婚し、一度の中絶を経験します。

「子どもは可愛いけれど、欲しいわけではない」。そう思っていた彼女の中の何かが、30歳を迎えるころから少しずつ変わり始めます。蓋をしたはずの彼女の感情を呼び起こしたものは、何だったのでしょうか。

ニューヨーク・タイムズでスタートしたアニメーション・コラムシリーズ「Conception」では、SNSを通じて読者から寄せられた約1300ものストーリーの中から、6人の女性たちの声をピックアップ。

「母であること」の強さ、後悔、戸惑い、愛……を詩情豊かに描きます。今回は、母や祖母の姿から、子どもを産まないと決めていたカサンドラのストーリーです。

©2018 The New York Times News Service ニューヨークタイムズ配信「Her Mom Had Five Kids. She Wanted Freedom.」抄訳・編集/今西翼

これまでに公開された3人のストーリーも、あわせてご覧ください。

アニメーション・コラムシリーズ「コンセプション」とは?
愛する夫を失ってシングルマザーになったLaurin
産後うつになったYaelを救ったものは……
母親になりたかった父親Gabrielleが気づいたこと
若くして母になり葛藤を抱えるMarie

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    「母親みたいには絶対なりたくない」って思っていたのに……

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。