1. Home
  2. キャリア
  3. 仕事がすいーっと捗る、北欧のブレイク法「Fika」

仕事がすいーっと捗る、北欧のブレイク法「Fika」

20180530_fika-4

世界共通の働く女性の悩みといえば、タイムマネージメント。オフィスでの無駄な時間を省くべく、使えるテクノロジーは駆使し、コミュニーケーションも、メールはもちろんチャットやLINEなど、よりシンプルでタイムロスのない方向へと移行しはじめています。

この流れにより、会議などフェイス・トゥ・フェイスの機会は減少傾向……かと思いきや、スウェーデンでのオフィスでは、事情がまったく異なります。

逆の発想が成功を生む。Fikaの習慣

20180530_fika-1

ニューヨークには「Fika」という名前でチェーン展開するスウェーデンスタイルのカフェも。

スウェーデンのオフィスで午前と午後に習慣化されているというコーヒーブレイク「Fika(フィーカ)」。スウェーデンでは、会社の大小に関わらず行われており、15分から20分ほど仕事から離れて、コーヒーとともにシナモンロールや焼き菓子を楽しむのが一般的です。

Fikaの時間をとることで、生産性が下がらないか心配なところですが、総合的にみれば、業務のスピードアップやサクセスに繋がる要素を持ち合わせているようです。

Fikaが作業能率や職場環境を改善するかも!?

20180530_fika-2

ブリティッシュコロンビア大学の研究をはじめ多くの研究が、1日2回の休憩が集中力を持続するのに効果的だと結論づけています。寸暇を惜しんでフル稼働で働くよりも、かえって作業能率が上がる、というわけです。

さらに、同僚とのコミュケーションの時間になる、というのもFikaがサクセスに繋がる要因の一つ。女性は表情やボディランゲージを使って表現することが得意なため、フェイス・トゥ・フェイスのコミュニーケーションが情報伝達率を劇的に上げるのだとか。

また、Fikaで仕事の話をしなかったとしても、ポジションや性別関係なく交流があることが、社内の協力体制の土台をつくります。

20180530_fika-3

成功している人の多くが、感謝のノートをつけたり、感謝のメールを送る習慣があるとよく耳にします。

もともと、Fikaとは「スローダウン」や「日常への感謝」という意味の言葉。コーヒーを飲みながら、日々の感謝を同僚に伝えれば、職場の雰囲気の改善だけでなく、自分の思考にもポジティブな効果がありそうです。

スローダウンと感謝がサクセスに繋がるコーヒータイム、日本でも取り入れる価値がありそうです。

kitchn, treehugger, Harvard Business Review, Sciencedaily

神田朝子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    仕事がすいーっと捗る、北欧のブレイク法「Fika」

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。