1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 「豆皿」はこう使う。これだけは押さえたい3つの基本

「豆皿」はこう使う。これだけは押さえたい3つの基本

foodie_mamezara_1

おしゃれでかわいらしい豆皿。自宅のテーブルコーデに取り入れたら、毎日の食卓がぐっと楽しくなりそう! 選び方や使い方のコツを、食メディア「FOODIE」から、ご紹介します。

豆皿を使いこなす、3つのテクニック

foodie_mamezara_3

各メディアで器の楽しみ方を提案する、器キュレーターのはるやまひろたかさんによれば、豆皿を上手に取り入れるには次の3つの点を押さえるとよいそう。

テクニック1:「和食以外」に使ってみる
テクニック2:「何枚か」を合わせて使う
テクニック3:「フラットな器」にまとめてのせる

小さな豆皿は、材質やテイストが多少バラバラでもおかしくないため、この3つに注意すれば、あとは自由に好きなものを選んでOKなんだとか。

foodie_mamezara_2

豆皿は、大きい器のようにかさばらず、収納の心配もありませんし、値段も、いわゆる「作家もの」でも、1,000~2,000円程度と手頃。失敗をおそれず、好みの品を探してみましょう。

シーン別、豆皿コーディネート例

【シーン1・おやつ】いつものお菓子も、豆皿があればよそいきに

foodie_mamezara_4

豆皿=和食のイメージがありますが、クッキーやチョコレートなど、洋風のおやつにも使えます。写真のように複数使うと、いつものおやつも特別な印象に。さらに、洋風の皿やボードにのせれば、まとまりや洋の雰囲気を出すことができます。

【シーン2・お酒】豆皿にのせて「乾き物」をシックな雰囲気に

foodie_mamezara_5

買ってきたおつまみも、パッケージのままでなく豆皿に盛るだけで気持ちが違うもの。「ここでは食器棚で眠っていた渋い漆器のお盆に豆皿をのせて、シックな雰囲気に」。

【シーン3・朝ごはん】おかずがないときこそ、豆皿の出番

foodie_mamezara_6

忙しい朝は、ごまや海苔、梅干など、冷蔵庫にあるちょっとしたものを豆皿にのせて。メインになる料理がない日も、食卓がさびしくなりません。

普段の食事に彩りを添えてくれる豆皿。お気に入りを一つずつ集める喜びも味わえます。気楽に、自由に、楽しんでみたいと思います。

FOODIE

cafeglobe編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    「豆皿」はこう使う。これだけは押さえたい3つの基本

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。