1. Home
  2. キャリア
  3. 未来に宿題残しすぎてない?スタンフォード大学教授がズバッと言うわよ

未来に宿題残しすぎてない?スタンフォード大学教授がズバッと言うわよ

ビジネス格言

20180506_1

私たちは未来の自分のことをまるで別人のようにとらえています。すっかり理想化してしまい、いまの自分の手には負えないことでも、未来の自分ならできるはずだと高をくくります。

——ケリー・マクゴニガル『スタンフォードの自分を変える教室』

スタンフォード大学の心理学者ケリー・マクゴニガルのベストセラー、『スタンフォードの自分を変える教室』から、多くの人がギクリとするであろう一節です。

同著によると、人間は未来の自分を過大評価してしまう傾向があるのだそう。未来の自分は“現在の情けない自分を救ってくれる神様のような存在”だと無意識に考えてしまうということが、研究結果でも明らかになっています。

今の私がイマイチなのは、まだ本気出していないだけ。未来の私はきっと意志が強くて優秀で、素晴らしい人格者になっているから大丈夫。今の私の分も、未来の私に頑張ってもらおうっと……。

しかし、未来は今の延長線上にあります。「今頑張れない人は、未来でも頑張れない」という有名な言葉もありますが、まさにその通りなのです。

ケリー・マクゴニガル著、神崎朗子訳『スタンフォードの自分を変える教室』(大和書房)

Image via Shutterstock

吉野潤子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    未来に宿題残しすぎてない?スタンフォード大学教授がズバッと言うわよ

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。