1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 性欲がないのは歳のせい? いいえ意外な理由があるんです

性欲がないのは歳のせい? いいえ意外な理由があるんです

MAIN_GettyImages-643310710

年齢とともに、女性ホルモンのエストロゲンが低下。それに伴い、性欲も減少していく……とよく聞きますが、はたして本当でしょうか? 「MYLOHAS」掲載の記事では、性的な欲求の場合、何が「健康的」か医学的な定義はないとし、6つの性欲が消える理由を紹介しています。その中からいくつかピックアップしましょう。

体重オーバーだと性欲が下がる

2gettyimages-592499197

『ジャーナル・オブ・セクシャル・メディシン』誌に報告された2011年のある研究論文では、体重が重すぎると血液に含まれるテストステロンの量が少なくなり、性的な欲求が下がる可能性があるとのこと。体重を5%減らすと、性欲が確かに強まるとわかりました。
「MYLOHAS」より引用

ストレートに言えば、太っていると性欲が下がるということです。運動するのがおっくうになる気持ち的なことだけでなく、体重が重すぎると血液の成分量が変わるという科学的な理由があるんですね。思い当たる人は、食生活を見直す、定期的な運動を取り入れるなど体重コントロールをするとよいでしょう。とりあえず目標を、今の体重の5%減としてみるだけで変わってきます。

魚・卵・きのこ類など、ビタミンDが不足している

5gettyimages-688953925

男性でも女性でも、うつ症状を抱えていると、性欲は低下してしまいます。うつ症状の原因はさまざまですが、なかでもビタミンD不足になると、うつ症状につながると証明済み(おそらくは気分を高めるホルモンを減らすのです)。
「MYLOHAS」より引用

鬱々とすると、セックスをしたい気持ちも盛り上がりにくいもの。それにはビタミンDを補うとよさそうです。ビタミンDといえば、カルシウムをつくる大切な栄養素。サーモンや小魚などの魚類、卵、きのこ類などに多く含まれています。いつもの朝食を魚や卵焼き、きのこの味噌汁などの和食に切り替えるだけでも違ってきそう。うつ症状……とまではいかなくとも、この世代特有の落ち込みや不安感の予防になるなら、それも一石二鳥かも。

夜眠る前に運動をしている

4gettyimages-589960361

睡眠不足になると、身体の中でテストステロンが作られる量が減りますから、やはり性欲にはマイナス効果。(中略)運動するとよく眠れるのですが、ベッドに入る前の4時間の間に運動すると、目がさえて逆に眠れないことがあります。
「MYLOHAS」より引用

会社帰りにジム通い。汗をかいた方がすっきりして夜ぐっすり眠れそうですが、目が冴えるまでやってしまうのは逆効果。睡眠不足になると、男性ホルモンの一種であるテストステロンの分泌量が減り、性欲低下につながるとのこと。夜は運動をするよりも、ゆっくり温かいお風呂に浸かる、アルコールを控えてハーブティーを飲む、など安眠できる対策をとる方がベターなようです。

どうでしたか? まずはこれらを改善していくだけでも変化があるかも。ほかにも、「MYLOHAS」では、性欲が消えてしまう意外な理由を紹介しています。また、セックスレスの悩みは「予約制」で解決できるアイデアもあり。読んでみてください。

MYLOHAS]Image via Getty Images

  • facebook
  • twitter
  • hatena
奥井亜輝
webライター。神戸大学アメリカ文学専攻卒業後、出版社で編集者として勤務する。その後、私学中高英語教員を経て現在は英語講師をしながら翻訳や執筆活動をする。大人のハワイスタイルを提案する「Jewel-Taccatoジュエル・タッカート」主宰。将来は、双子の娘たちと日本とハワイを往復しながら自由気ままに暮らすのが夢。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。