1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 「コンコン」「入ってます!」は不要に。トイレのスマート化、始まる

「コンコン」「入ってます!」は不要に。トイレのスマート化、始まる

「スマート化」の波が、公共のトイレにも訪れています。GIZMODO JAPANによれば、ロサンゼルス国際空港第4ターミナルのトイレへ「Tooshlights®」のテスト導入がなされたというのです。

もう、やきもきしない

Tooshlights®とは、簡単に言えばトイレ使用の交通整理システムのこと。個室前の天井にライトが取り付けられており、ライトが青なら空室、赤なら使用中と、使用状況がひと目でわかるようにする仕組み。

20180518_tooshlights_1

女性用トイレは行列が常ですが、前の人が空室に気づかず後ろでやきもきした、なんて経験はないでしょうか。このモヤモヤを解消してくれるのがTooshlights®です。

はたまた、使用中にドアノブをガチャガチャされて落ち着かなかった、という方もいるはず。ちなみに、このガチャガチャやドアノックは中にいる人を急かす合図とされ無礼な行為、あるいは緊急のサインと捉える国もあります。

文化や習慣が異なればトイレでのマナーも変わってくるので、この点でもTooshlights®の導入には意義がありそう。

どんどん「スマート化」する世の中

同システムは使用状況を明確にするだけでなく、使用状況をデータとして蓄積させることで混雑時間帯などを割り出し、清掃時間を効率的に組んだり、増設の計画を立てたりするのに役立てることもできます。スマート化によって公共トイレのクオリティも、いっそう上がることに期待しましょう!

GIZMODO JAPAN, Tooshlights, CBS Los Angels / YouTube]Image via Tooshlights

  • facebook
  • twitter
  • hatena
多田亜矢子
編集&ライター。2006年、マガジンハウスに入社。雑誌『Hanako』『GINZA』編集部に勤務し、ビューティ、ファッション、グルメなどを担当。現在はフリーランスとして「Hanako.tokyo」や「FUDGE.jp」などで活動中。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。