1. Home
  2. ライフスタイル
  3. トランクから焼き菓子?非日常に導くアフタヌーンティー

トランクから焼き菓子?非日常に導くアフタヌーンティー

アマン東京「ブラックアフタヌーンティー」がリニューアルされました。

sub1-(1)

「アフタヌーンティー」と聞くと、旅のイメージが浮かぶのは私だけでしょうか。

もともとイングランド発祥の社交の場でもあったこの習慣が、植民地時代に遠くアジアの国々にも広まり、浸透していった——そんな歴史の流れを感じるからかもしれません。

そんな「旅」をモチーフにしたのが、アマン東京のブラックアフタヌーンティー。秘境や美しい自然の中に佇む海外のアマンをイメージソースに、「黒」というコンセプトはそのまま、新たに旅の必需品「トランク」をテーマにしたメニューを楽しむことができます。

大小のトランクには驚きが一杯

sub3-(1)

黒い竹製の3段プレートのトップに鎮座するアンティーク調のトランクは、ミルクチョコレートとビスケット、バナナブレッドを組み合わせて作られたもの。釘やベルト、アマンのラゲージタグなど細部まで作り込まれ、食べるのがもったいないほどです。中にはフレッシュミックスベリーとパートドフリュイが詰められています。

sub2-(1)

さらに、テーブルに運ばれてくる特製トランクを開ければ、そこにはフィナンシェタルトレットなど、6種類の焼き菓子が。こちらからお好みのものを4種類選ぶことができ、自分なりにカスタマイズしたアフタヌーンティーを楽しめます。このプレゼンテーションには、ついときめいてしまう人も多いのではないでしょうか。

提供されるのは豊かな時間

もちろんスイーツだけでなく「セイボリー(savory)」も充実しています。セイボリーとは、食後や食間に食べる塩気のあるスナックのこと。燻製したフォアグラやロブスターなどの食材と、とうもろこしやトマトなど夏野菜を使ったセイボリーは、ちょっぴり覚えた空腹感を満足感に変えてくれるはず。

ドリンクもドイツの紅茶ブランド「ロンネフェルト」最高級茶葉を使用する「ティースター」全8種類が加わり、以前よりさらに豊富なラインナップになっています。

main-(1)

33階からの東京の景色と、開放的でシックなインテリアの空間、そして五感を満足させる味や香り。このブラックアフタヌーンティーで提供されるものは贅沢で豊かな時間そのものです。

トランクのモチーフになっているラゲージタグは、アマンに宿泊した際にプレゼントされるもの。この夏はどこに行こうか、どこを訪れようか。そんな思いを巡らせながら初夏の午後をゆったり過ごすのも、わくわくする夏を素敵にスタートする一案かもしれません。

アマン東京 Black Afternoon Tea

場所:アマン東京33階 「ザ・ラウンジ by アマン」 / 価格:4,600円(税・サービス料別途) / 提供時間:11:30~17:00

アマン東京

小林聖

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    トランクから焼き菓子?非日常に導くアフタヌーンティー

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。