1. Home
  2. コミュニケーション
  3. おしゃべりな人ほど若く見えるのには、ちゃんとした理由があった。

おしゃべりな人ほど若く見えるのには、ちゃんとした理由があった。

あんまり言いたくないことですが、体力の衰えを感じて「歳かなあ……」と、少し弱気になるときがあります。しかし、意外にも、人間は体力・知力以外の部分から老けていくのだとか。

和田秀樹著『40歳から始める「脳の老化」を防ぐ習慣』 より、脳の老化防止のコツをご紹介します。

20180611_cafeglobe_brainaging_top

40代から「感情」が老化する

しかし人間は、“思わぬところ”から、思わぬほど早い時期から老化が始まり、しかもそれを放っておくと体も見た目も老けていき、ボケまで始まってしまうので要注意です。この“思わぬところ”とは――「感情」です。感情は40代頃から老化し始めるのです。
4ページより引用

気が若い、という言葉がありますが、老化は「感情」から始まると著者はいいます。具体的にいえば、「感情」の老化とは脳の前頭葉が老化することであり、それはなんと40代から始まるのだとか。人間の脳はいくつかの領域に分かれていて、その領域ごとに果たすべき機能が決められています。その中で、人間の感情をコントロールしたり、自発性や意欲、創造性などを司るのが前頭葉

前頭葉は、個人差があるものの、40代頃から委縮して目に見えるように老化し始めるといいます。委縮が進んでいくことで前頭葉が司る感情のコントロール機能や、自発性、意欲、創造性が衰えてしまうようです。たしかに、自発性や意欲が薄くなっていくと、体も見た目も一気に老けこんでいきそうな気がします。

逆に、前頭葉の若さを保って「感情」の老化を防げば、身体や見た目の老化をストップできるといいます。脳から全身に広がっていく老化を阻止するためには、まず前頭葉を鍛えることがポイントであるといえるでしょう。

人と話すことで老化をストップ

20180613_cafe_brainaging_2

例えば歩かなくなったらとたんに足腰の機能が衰える反面、普段からよく歩く人は足腰も丈夫です。これと同じように、普段から努めて前頭葉の機能を使い込む、つまり、
①努めて意欲的になり、前向きな感情に自らを導き、
②頭の切り替えを速くし、
③創造力を磨いて働かせる、ということが大切なのです。
6,7ページより引用

前頭葉を鍛えるといっても、具体的にどうしていけばよいのでしょうか。前頭葉の鍛錬にあたって大事なことは、「入力(インプット)系より出力(アウトプット)系が肝心」ということであると著者はいいます。脳の中で、記憶する=入力系に関わるのが側頭葉や頭頂葉なのに対して、前頭葉の機能は、貯め込まれた記憶や知識・情報を引っ張り出す=出力系に関わっているのだとか。ゆえに、出す力を意識的に鍛錬することで、前頭葉全体の機能の活性化が図れるようです。

脳のアンチエイジングとして出す力を伸ばすために、著者は3つのポイントをあげています。意欲的に前向きに、頭の切り替えを早くして、想像力を働かせる

その具体的な実践方法は意外と簡単で、それは「誰かと話すこと」。歳をとると無口になり、それが老化を加速させるといいます。無口になるのは、脳のインデックス機能が衰えて、記憶があいまいになったり、思い出せなくなったりするから。たしかに、歳を重ねてもはつらつとしている素敵な人は、自分の知らないことや分からないことに対して率直で素直です。

「わからないから教えてほしい」と素直に聞き、相手の説明に熱心に耳を傾ける。キャリアを重ねてくると、簡単に人に聞けないシチュエーションが多くありますが、分からないことは聞けばいいという気持ちでいろいろな人と話す。これが、究極でシンプルなアンチエイジングといえそうです。

40歳から始める「脳の老化」を防ぐ習慣

著者:和田秀樹
発行:ディスカヴァー・トゥエンティワン
定価:1,000円(税別)

Image via Shutterstock

  • facebook
  • twitter
  • hatena
ナカセコ エミコ
(株)FILAGE(フィラージュ)代表。 書評家/絵本作家/ブックコーディネーター。女性のキャリア・ライフスタイルを中心とした書評と絵本の執筆、選書を行っている。「働く女性のための選書サービス」“季節の本屋さん”を運営中。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。