1. Home
  2. コミュニケーション
  3. 「ちょっといい?」 仕事中ヘッドホンを外さない新人への声のかけ方 [The Workologist]

「ちょっといい?」 仕事中ヘッドホンを外さない新人への声のかけ方 [The Workologist]

The New York Times

ニューヨーク・タイムズの人気コーナーThe Workologist。働く人の悩みにズバリ答えます!

nyt_headphones-1

Maria Nguyen/The New York Times

Q:採用したての新人。チーム内でのやりとりが必要なのにずっとヘッドフォンをしていて、ちょっとしたことでも話し掛けにくい。どうしたら「バリア」をなくせる?

最近、うちの部署で新人を採用しました。彼女のポジションは日常のワークフローの中で重要で、多くの社員やリモートスタッフとやりとりする必要があります。

そこで業務に関して色々気軽に話し合えたらと思うのですが、彼女はいつもヘッドホンをしています(音楽かポッドキャストを聞いているのでしょう)。私がそばに行って話しかけると彼女は仕事の手を止め、「ちょっと待ってください」と言ってヘッドホンを外すんですが、こちらの方がわざわざ仕事を中断させたのだから、何かすごく意味のあることを言わなくちゃいけない気にさせられます

さらに厄介なのは、私はプライバシーが守られる小さな専用オフィスの中に座っていて、彼女は大部屋で他のスタッフと一緒に座っています。

とりあえずの解決策として社内チャットを使っているのですが、なんだか非効率。直接話せば一言、二言で終わることのためにキーボードを打っているのが、ばかばかしい気がします。何か良いアドバイスは?<H.L.>

A:ヘッドホンは新しい「パーテーション」

レイアウトにいわゆる「オープンプラン」を採用するオフィスが増えるにつれて、職場でヘッドホンやイヤホンをする習慣が急に広まっています。スタッフのプライバシーを減らした方が、職場のつながりや協力体制は強化されるかもしれませんが、それでも私たちは時にすべてを(みんなを)遮断して仕事に集中する必要があります。あなたの部署の新人のような人たちにとっては、ヘッドホンは新たなパーテーション代わりなのです。

20180605_nyt_workologist_2

Image via Shutterstock

しかし、それによってオフィスの日常業務に支障が生じることもありえます。これについては、詳しい状況次第でいくつかの考え方があるでしょう。

実際には、ヘッドホンをしながら仕事をしている部下や同僚に話しかけることは、ヘッドホンなしで仕事をしている人に横から話しかけるのに比べて少々努力が必要なだけです。

ヘッドホンのことはひとまず置いておいて、誰かのワークスペースに入って行って突然、話しかけたとします。相手は重要なメールのことを考えていたり、スプレッドシートに複雑なデータ入力を始めたところだったりして、あなたの話の頭の部分を聞き逃すかもしれませんよね? だから最初に「ちょっといい? ××さん」などと呼びかけて、相手に気付いてもらってから、その先を話し始めるわけです。

けれど、ヘッドホンを付けている人は当然聞こえていないので、相手の視野に自分が入るようにするか、相手のデスクをコツコツとノックして少し大きめの声で「××さん?」と呼びかけるといいでしょう(肩を触ったり叩いたり、相手を驚かせるようなことは、私は避けるようにしています)。

それから、こんな質問をしてあなたの考えを伝えるのもいいかもしれません。「ちょっとしたことであなたに相談したくて、でもあなたがヘッドホンをしているとき、どんな風に気付いてもらうのが一番いいかしら?」。こう聞くことで「優先すべきは、ポッドキャストではなく仕事」だということもはっきりできます。

ポイントは、チームワークと「プライバシー」のバランス

20180605_nyt_workologist_3

Image via Shutterstock

また、もしも彼女がヘッドホンを付けていることで業務や同僚との関係に実際、問題が起きているとしたら、それをダイレクトに伝え、上司であるあなたが適切だと思う限界を設けるといいでしょう。自分から壁を作ってしまっているスタッフが、有益な協力の機会を逃してしまうことだって当然あります。このコラムでも過去にオフィスの新人、特にヘッドホンを多用している新人が「私に話しかけないで」という雰囲気を醸し出してしまっているのは、本人のキャリアにとって良くないことだという話題を取り上げたことがあります。

とにかく、上手にバランスの取れた働きがけを心がけてください。ヘッドホンを愛用するスタッフを扱うのは面倒かもしれませんが、プライバシーが全くない状態もまたやりにくいもの。コミュニケーションの一部ではチャットを使いつつ、顔を突き合わせて話し合うことも要求しましょう。どちらか一方に偏ってしまったら、また調整すればいいこと。コミュニケーションのチャンネルをいつもオープンにしておきましょう。

© 2018 The New York Times News Service[原文:When Headphones Get in the Way of Office Communication/執筆:Rob Walker](翻訳:Tomoko.A)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    「ちょっといい?」 仕事中ヘッドホンを外さない新人への声のかけ方 [The Workologist]

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。