1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 気になるニューヨーカーのカバンの中身。

気になるニューヨーカーのカバンの中身。

The New York Times

自宅から一歩外に出たら、どんなリスクが待ち構えているかわからない大都会ニューヨーク。列車の遅延や運休は日常茶飯事。突然の大雨に見舞われることもあれば、元カレ・元カノと街角でバッタリ鉢合わせするだってある……。

外出中の不測の事態に備えて、ニューヨーカーは何をバッグに常備しているのだろう。誰しも緊急事態が発生した時に役立ち、それ以来、毎日バッグに入れているアイテムが1つはあるはず。

いざというとき役に立つアイテムは何?

そこで、ニューヨーク・タイムズは、モーニング・ニュースレター「New York Today」の読者を対象にアンケートを実施。バッグやバックパックの中で邪魔にならないコンパクトな、しかも25ドル(約2,700円)以下のお手頃価格のアイテムを推薦してもらった。持ち歩くと意外に便利な10点のグッズから、ニューヨーカーの日々の暮らしが見えてくる。

1. 予備のメトロカード(3.75 ドル)

nyt_survival_kit-6

Corey Olsen/The New York Times

「1回分の乗車料金をチャージした予備のメトロカードを常に携帯しています。例えば、Aトレインがホイトスカーマーホーン・ストリーツ駅に着いて、カードの残金がほとんどないことに気付いて、ヤバってなった時。前日の夜、チャージしておこうと思っていたのに……。でも、チャージしておいたカードを予備で持っていれば安心。チャージするために次の電車を20分待ったり、Uberの料金を余計に支払わなくて済むもの」——エラ・エイスキューさん(32)ブルックリン在住

2. 扇子(10ドル)

nyt_survival_kit-2

Corey Olsen/The New York Times

「コロンバス・サークル駅のプラットフォームは、構造上もともと風通しが悪くて、暑くて湿気のある日は、蒸して息苦しいほど。残念ながら、電車を長時間待たされるのは珍しくありません。扇子をあおいで風を起こしてしのいでいます」——ヘレン・ブルーメンソールさん(77)マンハッタン在住

3. テープメジャー(3.99ドル)

nyt_survival_kit-7

Corey Olsen/The New York Times

「テープ型メジャーは小さく畳めるのでバッグの中で邪魔になりません。家具や住宅関連の買い物をする時に持っていると便利。今、リビングルームを模様替えしていて、インテリアのアクセントになるビンテージの小型テーブルを探しています。ネックは、配置する場所の奥行きが30センチしかないこと。好みのデザインの商品に出会ったら、まずメジャーでサイズを測ります。サイズが合わないものは直ぐに候補から外すことができるので効率的です」——エリザベス・ウォードさん(42)ブルックリン在住

4. シートタイプのメーク落とし(7枚入り2.69ドル)

nyt_survival_kit-4

Corey Olsen/The New York Times

「屋台で何かをつまんだ後のベトベトした指を拭いたり、バッグや靴の汚れを落としたり、カフェのテーブルを拭いたり、メーク落としシートはいろいろなシーンで役立ちます。アップタウンを歩き回って火照った時はこれでクールダウン。あとはもちろん、夜、帰ってすぐにベッドに直行したい時のメーク落としに」——ローレン・パリッシュさん(32)ブルックリン在住
赤ちゃん用または汚れ落とし用のウエットティッシュも同じように使うことができます。

5. ナイロン製トートバッグ(20ドル)

nyt_survival_kit-9

Corey Olsen/The New York Times

「ナイロン製のトートバッグをバッグに常備しています。用途はいろいろ。例えば道端の屋台でおいしそうなフルーツを見つけたら買い物袋になるし、ベンチが濡れていたり、汚れていたりする場合はシート・カバーとして使えます。突然の雨に降られたらレインハット代わりにもなります」——ゲイル・レスラーさん(58)ブルックリン在住
リーズナブルなオプションとして、5ドルのパシュミナスカーフや無料のレジ袋もあります。

6. デンタルフロス(3.79ドル)

nyt_survival_kit-3

Corey Olsen/The New York Times

「デンタルフロスは糸の代用になります。テニスのプレー中にシューズの紐が切れてしまったことがありました。試合を最後までやりかったので、バッグからデンタルフロスを取り出して、靴紐代わりにして、試合を続行したわ。そのシューズ、その後の2試合も持ちこたえたのよ。ピクニックでケーキをカットするナイフを忘れた時もフロスが活躍しました。チョコレートケーキをキレイに切り分けることができました」——ローダ・ミラーさん(64)バージニア州在住。ブロンクスにて回答

7. デオドラント剤(旅行サイズ 1.99 ドル)

nyt_survival_kit-10

Corey Olsen/The New York Times

「実は、デオドラント剤は2つの目的に使えます。1つはもちろん、脇の下の汗やニオイ対策に。もう1つは、イライラして落ち着かない時。大腿部にデオドラントを塗ると、気分がリフレッシュできます。スカートやショートパンツを穿いている時にいいわ。このアイデアはカレッッジのルームメートから教えてもらったの。それ以来、会う人みんなに勧めているの」——アーチャー・ブリンクリーさん(23)マンハッタン在住

8. 耳栓(10組入 6.99ドル)

nyt_survival_kit-1

Corey Olsen/The New York Times

「スポンジ製の耳栓を持たずに外出することはありません。特に地下鉄を利用する際は必須ですね。駅に入ったらすぐに耳栓をはめます。地下構内では、壁によって、あらゆる音が反響されて拡大されてしまいます。だから、普段は楽しめるパフォーマーの音楽ですら、うるさく感じてしまいます。また、電車に乗っている間も、他の乗客がシャカシャカ鳴らす音楽も、キレてまくし立てている人の声も(幸い、こういう場面に頻繁に遭遇する訳ではありませんが)、あらゆる騒音をブロックしてくれます。

耳栓には聴力を守りながら、騒音をうるさく感じない快適なレベルまで抑えてくれる効果がありますが、それでも、隣に座っている主人とは会話することができます。バッグの外側のポケットに常備し、歩いていて建築現場を通りかかった時や救急車がサイレンを鳴らして近づいて着た時など、すぐ取り出せるようにしています」——モニカ・マクヘンリーさん(62)マンハッタン在住

9. モバイルバッテリー(12.99ドル)

nyt_survival_kit-5

Corey Olsen/The New York Times

「充電しておいた急速のモバイルバッテリーを持っていると便利です。特に、ロックアウェイ・ビーチなどのビーチに行ったり、セントラルパークのシープメドウでピクニックしたりする場合は、必ず持って行きます」——ジュリアン・M・デッラポルタさん(25)クイーンズ在住

10. ウォーターボトル(14.99ドル)

nyt_survival_kit-8

Corey Olsen/The New York Times

「冬場、ニューヨーク市内のビルは乾燥し、暖房が効き過ぎているので、水分を必ず持っています。夏場は氷を入れておいて、地下鉄のホームのうだるような暑さをしのいでいます。さらに、ペットボトル飲料を買うお金を節約できますし、プラスチックごみを出さなくて済む、というメリットもあります」——クレア・アロナウさん(43)マンハッタン在住

© 2018 The New York Times News Service[原文:What to Pack in Your New York City Survival Kit/執筆:Jonathan Wolfe](翻訳:Ikuko.T)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    気になるニューヨーカーのカバンの中身。

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。