1. Home
  2. キャリア
  3. 一石α鳥がムダな残業から解放してくれる

一石α鳥がムダな残業から解放してくれる

shutterstock_797093134

ムダな仕事で足を引っ張られ、残業が続いてしまうことはありませんか? 終わってみると不要だと思えるタスクでも、なぜか着手に夢中になってしまい、時間が奪われてしまいがちです。

ムダなタスクを削減するにはコツがあります。『面倒なやりとりがシンプルになる、仕事のコツ48』著者の伊庭正康氏が、ライフハッカー[日本版]の記事で紹介した、ムダな仕事を見分けて残業を減らす3つのポイントを確認していきましょう。タスク削減のコツは、まず、見分けることからはじまります。

不要なタスクを見分ける3つの質問

伊庭氏は、ムダなことをやめるため、自分にするべき3つの質問を紹介しています。

質問1:やめることで、「お客様の満足」が低下するか?
質問2:やめることで、「従業員の満足」が低下するか?
質問3:やめることで、「リスクマネジメント」上の問題があるか?
ライフハッカー[日本版]より引用

週の終わりなど都合のいいタイミングで、上記3つの観点から、取り組んだタスクを振り返ってみましょう。資料作りに使っていた時間、会議を開いて話し合った時間、ひょっとしたらそれはムダなタスクだったかもしれません。お客様や従業員の満足、ビジネスを存続するためのリスクマネジメントといった観点で考えていらないものであれば、勇気をもって削ってみましょう。支障が出たら、再び採用すればいいだけのことです。

作業をまとめると効率化が加速する

shutterstock_108206678

伊庭氏は一石α鳥という考え方で、時間を効率化する方法も紹介しています。

創業者の江副浩正氏が従業員に伝えた「仕事の進め方(手紙)」の1つに“時間を最大限に使うために、1回で済ませられることは済ませる”といったようなメッセージが残っていました。(中略)その考え方を実践してみると、シンプルながら、その効果を実感したものです。
ライフハッカー[日本版]より引用

たとえば取引先のあいさつへ行った際、担当者とのミーティング後に、担当者の上司へあいさつ、納品物の使用感の確認など、複数の仕事を1つにミックスしてしまうのです。一石二鳥ならぬ、一石α鳥を利用すると、時間の余裕は大きくなります

不要なタスクを見抜き、複数の仕事を1つにまとめることを意識してみましょう。タスクに振り回されて、残業漬けの毎日がラクになってくるかもしれません。

ライフハッカー(日本版), 面倒な“やりとり”がシンプルになる仕事のコツ48]Image via Shutterstock

せきぐちゆう

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    一石α鳥がムダな残業から解放してくれる

    FBからも最新情報をお届けします。

  • 成長マインドセットー心のブレーキの外し方

    成長マインドセットー心のブレーキの外し方
    吉田 行宏クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
    by Amazon.co.jp
  • メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。