1. Home
  2. キャリア
  3. 仕事に使うスマホとPC。プライバシーは大丈夫かしら?

仕事に使うスマホとPC。プライバシーは大丈夫かしら?

shutterstock_660235858

「働き方改革」が提唱され、勤務時間の一部をテレワーク(在宅勤務)で行う人も増えています。スマホやPCのクラウド化で、職場にいなくても自宅のプライベートデバイスで働くことができる時代です。

労働環境の柔軟性が高まる一方で、プライベートと仕事の境目がつけづらい、という問題も出てきています。特に、スマートフォンやPCなどのデバイスを仕事とプライベートで併用してしまうと、オンとオフがあいまいになるばかりか、プライバシーの問題も生じてきます。ライフハッカー[日本版]の記事を参考に、スマホやPCを、仕事とプライベートで安心して使い分ける方法を考えてみましょう。

デバイスの使い分けは、基本中の基本

勤務場所が自宅になったり、社外で仕事をしたりする機会が多いと、会社から貸与されたデバイスをプライベートで目にすることが増えてきます。仕事後のわずかな時間で、ソーシャルゲームやネットショップにアクセスしてしまうこともあるかもしれません。

会社が社員に提供しているデバイスは、行動記録が取られている場合があります。わずかな時間でも、記録が残ってしまえば、会社から注意されてしまうことは免れません。最悪の場合、解雇されてしまうこともあるので、会社から預かっているデバイスには注意が必要です。

アプリやブラウザの同期機能はOFFにしよう

デバイスの使い分けをきちんと行っている人でも、見落としがちな点はブラウザやアプリの同期機能です。ブラウザを同期してしまうと、閲覧履歴をもとにした広告表示やブックマークなどが、会社のパソコンで表示されてしまいます。トラブルや誤解を生まないためにも、同期機能をオフにしておくことが鉄則です。

たとえば、私用スマホでプライベートの時間に仮想通貨のサイトを閲覧していた影響で、仕事用パソコンに仮想通貨に関連したバナー広告が表示されてしまうこともあります。仕事でChromeブラウザを使っているなら、プライベートではSafariを使う。仕事のメールはブラウザで開き、プライベートのみメーラーに落とす(または逆)など、環境の使い分けをはっきりさせましょう。

同期すると便利なものは?

shutterstock_365283422-1

このように、基本的には、仕事とプライベートで使う環境を別にするとよいのですが、カレンダーは例外だと筆者は言います。

1つのアプリ内ですべての予定を確認できたほうが、スケジュール管理はずっと楽になります。カレンダーのICSフィードを別のカレンダーにインポートするのはとても簡単です。仕事とプライベートの予定を1カ所でまとめて見られるようになれば、時間外緊急会議が入っている夜に、友人と飲む約束をしてしまった、というミスも避けられます。

ライフハッカー[日本版]より引用

顔が直接見えない遠隔作業は、相手に誤解を生じさせないことがコミュニケーションのカギになります。「あの人は社外で何をやっているのだろう?」という疑念ではなく、「あの人は遠隔でも安心だ」と言われるようになりましょう。

ライフハッカー(日本版)]Image via Shutterstock

せきぐちゆう

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    2019.04.13.Sat

    【終了】シチズン時計株式会社「NewTiMe, New Me」キャンペーン × MASHING UP
    〜明日からできる、世界をほんの少し変える選択〜

    common ginza (GINZA PLACE 3F)

    仕事に使うスマホとPC。プライバシーは大丈夫かしら?

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。