1. Home
  2. キャリア
  3. ジョブズは「なにか質問はありますか」を言わない

ジョブズは「なにか質問はありますか」を言わない

51937382

自分が中心となって行ったミーティングやプレゼンをした時の最後、質疑応答の時間に「なにか質問はありますか」と聞くのは定番ですよね。しかし、誰からも質問がなかったり、有益なフィードバックが得られないこともあります。

では、そうならないためには? 故スティーブ・ジョブズ氏が会議で実際におこなっていた総合的なフィードバックを引き出すテクニックをご紹介。

一味違っていた、ジョブズの質疑応答

質疑応答には、フィードバックを得ることや、内容が参加者にきちんと伝わり理解されたかを確認するという目的があります。

「Medium」では、スティーブ・ジョブズがアップルとピクサーの両社に関わっていた2000年代の初めに、ピクサーの会議での彼の質疑応答のようすが掲載されていました。

shutterstock_259215920

ミーティングのたびに「社内でうまくいっていることは?」と聞く。また別の人に「社内でうまく機能していないことは?」と聞く。自分が納得ゆくまでこの二つの質問を繰り返しながら他のメンバーの意見も聞き、総合的なフィードバックを得ていたとのこと。さすが!

こうして率先して積極的に質問することで、あまり有意義ではないコメントで時間を無駄にすることも防げそうですね。

有意義な質疑応答を行なうポイント

ジョブズの方法と、「Medium」記事を書いた企業戦略コンサルタントのアンディ・ラスキンさんの方法をまとめました。

・具体的な問いかけをしてフィードバックを得る
・納得いくまで問い続ける
・「イエス・ノー」で答えられる問いかけではなく、参加者から自由回答を引き出す形で質問する
例:「新システムについてわかりましたか?」→「新システムの説明でわかりにくかった部分を教えてください」
・会議に積極的に参加していた人を指名して、フィードバックを求める
(記事執筆者のラスキンさんはこれを取り入れているそうですが、逆に会議で発言がなかった人に敢えて聞いてみるのもいいかもしれません)

「なにか質問はありますか」はもう使わない

振り返ってみると、私もただ「質問はありますか?」と聞くワンパターンでした。また、出席したミーティングの大部分もその定番で始まる質疑応答だった気がします。

これからは、ジョブズ方式を採用。ミーティングの効果を高め、より有意義なフィードバックを得るのに役立つでしょう。

Medium] Image via Getty images, shutterstock

  • facebook
  • twitter
  • hatena
ぬえよしこ
通算21年のアメリカ生活=テキサス居住歴の東京テキサス人。立教大学英米文学科卒、北テキサス大学院映画専攻修了。映画・航空・教育業界で、ずっと日本語と英語を使っています。ほどほどに都会、ほどほどに田舎、なんでもでっかいダラスで、好きなことや興味のあることを書いています。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。