1. Home
  2. キャリア
  3. やる気がでない人は充電の仕方が間違っていた!

やる気がでない人は充電の仕方が間違っていた!

shutterstock_256487833

始業開始時、昼休憩のあと、終業前の夕方、1日のどこか(もしくはすべて)でやる気が起きずイヤになってしまったことはありませんか?

やる気の源泉となる精神エネルギーには限りがあります。精神エネルギーは意志力やウィルパワーといった表現をされることもある、行動力の元になる力のことです。

この精神エネルギーの取り扱い次第で、最高のパフォーマンスが出たり、生産性が激落ちしたりします。ライフハッカー[日本版]の記事で紹介された、精神力の消耗を回避する11個の方法を参考にして、やる気が起きない自分にサヨナラしましょう。

やる気パワーが自然とたまる11の習慣

精神を消耗する人は、知らないうちにエネルギーを浪費してしまうのです。11個の習慣を身につけることで、やる気がからだに蓄積されていきます。

1:毎晩、翌朝の計画を立てる
2:1日のなかで予定を入れない時間をつくる
3:仕事場は整理整頓しておく
4:2分でできることはその場で完了し、先延ばししない
5:メモをとって脳への負担を減らす
6:完ぺきを目指さず、満足感を意識する
7:マルチタスクをやめてシングルタスクに専念する
8:ナッツや魚など低GI食品中心の食事にする
9:1日6~8杯程度の水を飲む
10:8時間前後の十分な睡眠を毎日とる
11:1日20分でも好きなことを楽しみ、ストレス解消する

決断の回数を減らすことでエネルギーは充電できる

エネルギーをためるには、食事や睡眠を十分にとることが大事なことは誰でも知っています。意外な盲点として、「決断」にかかるエネルギーを減らすことを、記事の筆者は指摘しています。

決めなければならないことが多ければ多いほど、それだけ精神エネルギーを使います。決断には、「大学で何を専攻するか」のような大きなものから、「今日はどのシャツを着るか」のような小さなものまであります。決断の重大さにかかわらず、決めることにはエネルギーを使います。
ライフハッカー[日本版]より引用

散らかっていたり、マルチタスクをしがちなことも、スムーズな決断を妨げる原因になります。まずは「AとBの作業は同時にとりかからない」「要件はまずメモをとる」といったルールに従って、決断を減らすことからはじめてみましょう。いちばん簡単にエネルギーを貯められる方法です。

よいパフォーマンスをうむには、この精神エネルギーの管理がカギになります。上記の習慣を身につけて、やる気をガッチリ蓄積しましょう。

ライフハッカー(日本版)]Image via Shutterstock

せきぐちゆう

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    2019.04.13.Sat

    【終了】シチズン時計株式会社「NewTiMe, New Me」キャンペーン × MASHING UP
    〜明日からできる、世界をほんの少し変える選択〜

    common ginza (GINZA PLACE 3F)

    やる気がでない人は充電の仕方が間違っていた!

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。