1. Home
  2. キャリア
  3. ジョブズが強調したスキル「フォロースルー」で差をつけよう

ジョブズが強調したスキル「フォロースルー」で差をつけよう

GettyImages-55907690

スティーブ・ジョブズがコンサルタントについて語っている短い動画を見ました。その中でジョブズは、ずばりこう言っています。

コンサルタントはアドバイスするだけではダメ

(コンサルタントは)自分が勧めたことに責任を持ち、アドバイスがすべての段階でどう実行されるのかを見届けるべきだね。たとえば数年間のような長い期間にわたって、アドバイスに責任を持つ機会があるべきだと思う。
──Youtube「Steve Jobs on Consulting」より翻訳引用

コンサルタントという仕事は、提案だけではなく「フォロースルー」が大事、とジョブズは述べています。つまり、それが採用され、結果につながるところまでを自分の仕事として完了すべし、というものです。

最後まで責任を持つこと

ジョブズのメッセージのキーワードである「follow through(フォロースルー)」

これは、最後までやり遂げる、きちんと片を付ける、終わらせる、なにかを未解決や未回答のままにしないということです。

アメリカと日本で勤務した筆者の経験では、アメリカで転職してマネジメント職に就いたとき、「フォロースルーをきちんとするなら大丈夫」と、現地スタッフから言われました。

そのとき「えっ、フォロースルーするのってあたりまえじゃないの?」と感じた私。

さらには、チームメンバーから「フォロースルーしてくれてありがとう」と何度か言われたり、フォロースルーをあまりしない同僚も見てきています。

つまり、日本人にとってはあたりまえのように思えるフォロースルーですが、国によっては当然のことでもないようです。

日本人には当然なスキルで差をつけよう

また、世界の働き方を比較したこちらの書籍では、海外でメールの返事がこないことは日常茶飯事という話が紹介されています。

理由はなんにせよ、メールや問い合わせに返事をしないのはフォロースルーの意識が低いと言えるでしょう。逆に言うと、日本でのフォロースルー率は海外に比べると高いのかもしれません(だからこそ日本人は、催促メールを出すときに躊躇したり罪悪感を感じてしまうのですね!)。

ジョブズのこの動画を見て、コンサルタントやマネジメントの立場にある人がきちんとフォロースルーできるのは大事だと、改めてその重要性を感じたのでした。

YouTube]Image via Gettyimages

「知らなかった」じゃ遅すぎる、世界標準の仕事のルール

世界を舞台にする働き方には、日本とは違う標準がいろいろとあるようです。海外に出たらどういう相手と戦うようになるのでしょう。ワークスタイルや交渉のルー...

https://www.cafeglobe.com/2018/07/book_sekai.html

ジョブズは「なにか質問はありますか」を言わない

スティーブ・ジョブズは質疑応答で社内で機能していることなど参加者から具体的な答えを求め、総合的なフィードバックを得ていました。「質問はありますか」の...

https://www.cafeglobe.com/2018/06/steve_jobs.html

  • facebook
  • twitter
  • hatena
ぬえよしこ
通算21年のアメリカ生活=テキサス居住歴の東京テキサス人。立教大学英米文学科卒、北テキサス大学院映画専攻修了。映画・航空・教育業界で、ずっと日本語と英語を使っています。ほどほどに都会、ほどほどに田舎、なんでもでっかいダラスで、好きなことや興味のあることを書いています。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。