1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 死ぬ前に後悔しないために、今やっておくこと

死ぬ前に後悔しないために、今やっておくこと

shutterstock_640203139

もし今日が、人生最後の日だとしたら、後悔する?

そう自分に問いかけてみた経験はあるでしょうか。

死の直前に後悔することは、近年の研究である程度ハッキリしています。

しかし、準備さえすれば、後悔は避けられるのです。

ライフハッカー(日本版)の記事で紹介された、心理学者トーマス・ギルオービック氏のアイデアを参考に、後悔しない人生の歩み方について考えてみましょう。

20180726_lastday

Photo: Pedro Ribeiro Simões/Flickr

自己には3つの種類がある!

自己認識をする手段として「現実自己」「理想自己」「義務自己」の3つがあります。

「現実自己」とは、現在の自分についての認識です

たとえば、「マーケティングの分野では一流の経験があり、どんな企業でも渡り歩ける」「この商品の知識は誰よりも豊富だから、営業活動なら負けない」といった認識が「現実自己」です。

それに対して、「理想自己」と「義務自己」があり、この2つの認識がうまくいかないと人は後悔を感じるようになります

「こうしたかった……」

死ぬ前にするもっとも大きな後悔は、理想自己の実現に向けて行動を起こさなかったことだとされています。

理想自己:いつの日か獲得したい能力や属性、要するに、目標や機能、願望の自己。
ライフハッカー(日本版)より引用

たとえば、「世界中を旅してまわる」という理想に対して、「時間がない」などの理由で行動を起こさないと、後々に後悔がやってきます

そんな後悔に襲われないように、どうすればよいのかというと、現実的に達成できる小さな目標から進めてみましょう

「アジアへ週末旅行をする」など、スモールステップで理想に少しずつ近づくのです。

「もっとうまくできたかも……」

行動や責任に対して「もっとうまくできた」と感じる後悔がありますが、死ぬ前にはあまり気にならないとされています。

義務自己:義務や責任の観点から自分はそうあるべきだと考えている自己。
ライフハッカー(日本版)より引用

義務自己は成長や向上心という観点からは大切ですが、人生全体を振り返ったときには「もっとうまくやれた」よりも「何もしなかった」ということが後悔となるのです。

変えるには「行動」しかない!

いつまでも心につきまとう後悔をしたくないなら、解決策は明らか! そう、可能なかぎり行動してください。
ライフハッカー(日本版)より引用

何かに挑戦することは大変です。先延ばしをしたくもなるでしょう。

ですが、行動しない後悔は、死の直前にやってくるかもしれません。

取り返しがつく今だからこそ、少しのステップからでいいので、行動を始めてみましょう。

ライフハッカー(日本版)]Image via Shutterstock

このサインが出たら、メンタルヘルスが崩れる5秒前

メンタルヘルス休暇を適切にとることはキャリアを継続するために大切です。頑張るべきとき、休みをとるべきとき、きちんと見分けてメンタルヘルスを健康に保ち...

https://www.cafeglobe.com/2018/07/mentalhealth.html

長〜いToDoリストにウンザリしそう?

ToDoリストでタスク管理をしているのに、やるべきことが終わらない!それはToDoリストの使い方が間違っていますよ。気分よくタスクを完了させるコツを...

https://www.cafeglobe.com/2018/07/divide_todo.html

せきぐちゆう

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    死ぬ前に後悔しないために、今やっておくこと

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。