1. Home
  2. キャリア
  3. 上司は漫画を読んでいる。でもいつ、どこで?

上司は漫画を読んでいる。でもいつ、どこで?

漫画、読んでますかー?

子供っぽい、時間がない、という返事が聞こえてきそうですが、実は、漫画を最も読んでいるのは女性の幹部・経営層なんだとか(エエッ!?)。

ハイブリッド型総合書店「honto」が働く女性を対象に実施した「漫画に関する調査」から、意外な実態が浮かんできました。

shutterstock_379709950

上司だって漫画を読むのよ

漫画を読む頻度が最も高く、読む時間が長いのは、なんと幹部・経営層で、29%が「毎日読む」と回答を。

中間管理職で18%、一般職が15%、全体でも19%ですから、かなり高い数字です。

じゃ、どんなジャンルが好き?

よく読むジャンルについて。全体では「恋愛」が1位、「ヒューマンドラマ」「ファンタジー」といった順。

しかし、幹部・経営層においては、「恋愛」の次に「ヒューマンドラマ」「仕事・職業」と続きます。

つぎに、「女性向け」「男性向け」の2つにわけてみると……

全体で約70%が「女性向けの漫画」をよく読む一方、幹部・経営層では57%と実に半数以上が「男性向けの漫画」をよく読むと回答。

役職によって、こんなに差が出るのにびっくりです。

男性向け漫画ラブ、な理由

その答えは、ここに隠れていました。

sub3-(1)

漫画を読む理由としては、全体では圧倒的に「暇つぶし」という回答が多く、「気軽に読めるから」「仕事のストレス発散」といった理由が続きます。

けれども、幹部・経営層になると「心の支えになるから」が21%、なんと一般職・中間管理職層の2倍になるのです。

働く女性は漫画からも仕事術や生き方を学んでいる、と言えそうです。

shutterstock_221837023

ところで上司は、どんな作品を読んでいるの?

具体的な作品のランキングも発表。

ビジネスの役にたつ、心の支えになった漫画ランキング

1位 『ONE PIECE』(尾田栄一郎/集英社)
2位 『SLAM DUNK』(井上雅彦/集英社)
3位 『働きマン』(安野モヨコ/講談社)
4位 『課長 島耕作』 シリーズ(弘兼憲史/講談社)
5位 『宇宙兄弟』(小山宙哉/講談社)

感銘を受けた漫画の登場人物ランキング

1位 ルフィ(『ONE PIECE』/尾田栄一郎/集英社)
2位 松方弘子(『働きマン』/安野モヨコ/講談社)
3位 島耕作(『課長 島耕作』シリーズ/弘兼憲史/講談社)
4位 桜木花道(『SLAM DUNK』/井上雅彦/集英社)
5位 牧野つくし(『花より男子』/神尾葉子/集英社)

働きマンとして恋に仕事にまい進する松方弘子。

『ONE PIECE』はチームづくりやマネジメントの勉強になる、といった声も。

自分の現状や悩みを投影したり、共感を得やすい作品やキャラクターが並んでいますね。

仕事や日常に悩んだときに、新たな勇気やヒントをくれる心強い存在なのかもしれません。

さて、あなたはどうですか?

hontoブックツリー,「働く女性の漫画事情」調査]Image via Shutterstock

*こちらもおすすめ

部下がいる人、いない人。決定的な違いは毎日のアレ

上司になるとなかなか勉強に時間を避けないのが本音ですが、部下をもつ上司のほうが勉強をしているという驚きの調査結果がでました。皆さんはいつ、どのように...

https://www.cafeglobe.com/2018/05/study_global.html

意外とあるじゃん!学びの時間のつくりかた/まとめ

学びの必要性は重々わかっているけれど、忙しい日々の中で勉強時間を見つけるのは正直難しい。そんな方に向けて、「時間のつくりかた」に役立つ記事をバックナ...

https://www.cafeglobe.com/2018/07/restudy_matome.html

  • facebook
  • twitter
  • hatena
小林聖
インターネット黎明期よりIT業界にてさまざまな業務に関わる。多くのWEBメディアや携帯サイトのコンテンツ制作を経験したことから、ライターに。 過去にオランダに四年、香港に三年半生活。現地ローカル企業での就職もあり、さまざまな文化に触れた経験を生かしてグルメや旅、ラグジュアリーホテルなどの記事を担当。 プライベートはむしろアナログを好み、漫画より小説、テレビより映画を偏愛。また普段から着物を愛好し、普段着物研究家を自称。日常で着物を着る人を増やしたいと、ブログでの情報発信や普及活動も行っている。 http://www.daily-kimono.tokyo/

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。