1. Home
  2. キャリア
  3. 私はトランスジェンダー。ミス・ユニバースに出場します

私はトランスジェンダー。ミス・ユニバースに出場します

The New York Times

「自分が女の子だって初めて意識したのはいつ?」とインタビューで聞かれた彼女は、その質問をそのまま記者に返した。「それじゃあ、あなたが、自分が男の子だって初めて意識したのはいつ?」

史上初トランスジェンダー女性の代表

6月、スペインで開催されたミス・ユニバースの国内選考会で優勝し、2018年のスペイン代表の座を得たアンヘラ・ポンセ。元男性のトランスジェンダーだ。大会史上初のトランスジェンダー女性として、年末に開催されるミス・ユニバース世界大会で世界一の美しさをかけた戦いに挑む。

universe-2

2018年ミス・スペイン、アンヘラ・ポンセ。初のトランスジェンダー女性として年末に世界の美の最高峰に登る。2018年7月10日マドリードにて撮影。(Samuel Aranda/The New York Times)

ヴァギナがある=女性、じゃない

ポンセには使命がある。それは、ジェンダーや美しさに関する従来の概念を変えること、そして、ファッション業界に大きく立ちはだかる、許容しがたい障壁を打ち破ることである。

「ヴァギナがある、イコール、女性、ではないわ」とインタビューで彼女は言う。「たとえ、多くの人が私を女性として扱いたくないと思っているとしても、性別上、私が女性であることは明らかです」

両親はいつも私の味方だった

現在27歳になるポンセは、スペイン南部セビリアの小さな町、ピラスで育った。父親はバーのオーナー。その店は現在、兄が経営している。保守的な町ピラスで「私みたいな子は誰もいなかった」とポンセは言う。学校でも特異な存在として扱われ、親の離婚で家庭に問題を抱えた子供や、マイノリティのロマ民族の子供と一緒に、特別な支援を必要とする生徒のグループに入れられた。

しかし、両親は、ポンセを特別扱いの対象から外すことを求めた。また、差別的な眼差しや侮辱的言動を受けたときは相手に激しく抗議した。小さな頃は、大好きなお人形で遊ばせてくれた。お兄ちゃんのサッカーボールを無理強いするようなことはなかった。

「私にとって問題は、家の外から一歩出た瞬間に始まりました。学校でも通りでもいやな視線や言葉を浴びせられました。両親はいつも私の味方でしたが、私は生まれた時から、世間の注目を浴び、皆の噂の的になる運命なのだと感じていました」

universe-4

(Samuel Aranda/The New York Times)

各地を講演でまわる日々

転機が訪れたのは3年前。地元のビューティコンテストで優勝したことをきっかけに、首都マドリードでモデルとしてのキャリアをスタートした。その時に、ダニエラ財団との関係も始まった。娘をトランスジェンダー女性と認めることを拒否した学校の経営陣と戦ったスペイン人女性により、トランスジェンダーの地位向上を目的に財団は設立された。

財団のボランティアの1人として、ポンセは各地の学校を訪ねて講演し、トランスジェンダーの問題に悩む子供や親と交流している。以前、深夜にトランスジェンダーの少女から電話が突然かかってきたことがある。少女は世間のプレッシャーがつらすぎて、自殺を考えるほど思いつめていたという。

「女らしさ」はパーツの有無じゃないんです

16歳になった頃、ポンセは「自分にとって重荷であり、トラウマだったものを除去するため」ホルモン療法を受けること、そして、いずれは膣形成手術を受けることを決意した。とはいえ、最近、話す機会のあったティーンエイジャーには、「性別適合手術はそれぞれが自分自身で選択することであり、女性になるために不可欠なことではない」というメッセージを伝えているという。

「女性であるために不可欠な唯一の条件は、女性として存在すること、女性であると実感することです。だから、ペニスのある女性がいても、ヴァギナのある男性がいてもいいのです」

universe-1

インタビューのためにメークを整えたアンヘラ・ポンセ。2018年7月10日マドリードにて撮影。(Samuel Aranda/The New York Times)

批判の出どころは、なんと女性たちだった!

ミス・ユニバースの国代表に選出された後、応援してくれる人が一気に増えたが、その一方で、批判も多く受けるようになった。その大半は女性から寄せられているという。

「格差や差別に抗議し、街中でデモしている女性たちがいるこの時代に、同じ性の女性たちから批判がたくさん出たことはショックでした。私が女性として我が国を代表し、ミス・ユニバースに出場することに我慢できない女性たちがいるなんて、残念ですよね」

そして、こう付け加えた。「女性の地位を向上させたいなら、女性同士であれこれ批判するのはもう止めないと」と付け加えた。

スペインはジェンダー先進国なのに……

意外にも、国民の大半がカトリックを信仰するスペインは、ジェンダーがらみでは世界をリードする存在だ。6月にスペインのペドロ・サンチェス新首相は、全閣僚17人中11人を女性が占める内閣名簿を発表した。女性閣僚の割合としては欧米で最多となった。

また、社会労働党の前政権下の2004年に、同性婚を合法化し、オランダ、ベルギーについで世界で3番目の同性婚を認める国となった。「他の国と比べたら、この国で生まれてラッキーでした」とポンセは語る。

トランスジェンダーのほうが優遇される?

実際、最近のSNS上の彼女に対する批判の大半は、海外の女性からのものであるという。彼女たちは、ポンセが、他国の代表よりも不当に有利な条件で年末の世界大会に出場することになる、との主張を展開。しかし、ポンセは、性別適合手術を除けば、ホルモン治療後の豊胸手術以外の手術は一切受けていないと反論する。

「出場者全員の条件が平等ではない、という主張については、確かにその通りでしょう。でも、そう答えたのは、生まれつきすべてが備わっていたわけではなかった私は、ミス・ユニバースに出場するために本当に人の倍の努力をしなければならなかったというのが理由です。好き嫌いに関係なく、私の顔はずっとこの顔でした。ウエストだってずっとこの形でした」

universe-5

(Samuel Aranda/The New York Times)

顔の整形手術と、何が違うのよ

「女性の身体を持って生まれているのに、整形手術を受けている人は大勢いますよね。だったら、鼻や頬骨の形を自分好みに変える手術を行うことと、膣形成や豊胸手術を行うこととの間にどんな違いがあるの?

ポンセはまた、彼女がトランスジェンダーであることがわかった途端、モデルとしてショーに出場するのを禁止した一流ファッションブランドを、「偽善者」と非難した。「あこがれの大好きなブランド。でも、ショーには出るなと。われこそがトレンドを作っていると謳うファッション界からそういった声がきかれるのは残念ですね」

トランプ氏も一役買った、という経緯も

ミス・ユニバース大会を運営する「ミス・ユニバース機構」を20年近く所有していたのは、あのドナルド・トランプ氏。しかし、今は、同機構の株式はトランプ氏から、タレント・マーケティング・エージェンシーのWME/IMGに売却されている。きっかけは、トランプ氏が大統領選で繰り返した、メキシコ移民に対する差別的発言に視聴者から抗議が殺到し、NBCが大会放送権を手放したこと。

そのトランプ氏がまだ機構の経営権を持っていた2012年に、カナダの予選会で最終選考に残っていたジェナ・タラコバ(23)という女性がいたが、元男性のトランスジェンダーであることを理由で失格になった。その後、タラコバの抗議活動を受けて、トランプ氏率いる機構は、トランスジェンダーを認めるよう運営規則を変える決定を下した経緯がある。その結果、今回初めて、世界大会にトランスジェンダー女性が参加することとなった。

universe-3

インタビューの合い間の休憩に妹のアマンダ・ポンセと過ごす、2018年ミス・スペインのアンヘラ・ポンセ(左)。2018年7月10日マドリードにて撮影。(Samuel Aranda/The New York Times)

トランスジェンダーの参加が当たり前になるといい

スペインの国内選考会の会長を務めるギレルモ・エスコバル氏は、6月にポンセがトランスジェンダー女性として優勝し、その結果、ミス・ユニバースの注目度が上がったことを認めたが、「審査員は単に、素晴らしい女性として彼女の真価を認めただけです」と意見を述べた。

「彼女は、パイオニアとして、不平等をなくそう、互いを尊重しようというメッセージを送っていますが、私は、いずれ彼女のような参加者が増えて、こうした出来事がもはやニュースとして報道されるなくなることを望んでいます

インタビューを受けるポンセをじっと見つめていたのは19歳の妹、アマンダ。「姉を本当に誇りに思っています」と法学部に通う大学生の妹は語った。「姉はここに至るまで、すごく努力してきました。でも、彼女は、そして私たち女性全員は、まだまだ前進することができると思います」

© 2018 The New York Times News Service[原文:Aiming for Miss Universe — and Universal Transgender Rights/執筆:Raphael Minder](翻訳:Ikuko.T)

*こちらもおすすめ

婚約指輪は1人に1つ。小説みたいな女同士のラブストーリー

出会い系アプリで知り合った2人の女性が、同性婚に到るまでの心温まる物語。ニューヨーク・タイムズ掲載記事。

https://www.cafeglobe.com/2018/07/nyt_ring.html

I'm a 妊夫。出産を経験したトランスジェンダー男性

ゲイの男性と一緒になったあるトランスジェンダー男性が妊娠。女性には戻りたくないという葛藤と戦いながら実子を産むまでのドキュメント。ニューヨーク・タイ...

https://www.cafeglobe.com/2018/06/nyt_trance_gender.html

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    私はトランスジェンダー。ミス・ユニバースに出場します

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。