1. Home
  2. キャリア
  3. テレワーク社員と円滑にコミュニケーションをとるコツ

テレワーク社員と円滑にコミュニケーションをとるコツ

テレワーク、在宅勤務で働く社員との協力体制をうまく築けていますか?

毎日のように顔を見合わせない分、試行錯誤している途中であるという企業も多いでしょう。

うまくテレワークを進めるコツを知りたいですよね。

企業の認識戦略をアドバイスするHALO Recognitionで役員を務めるコード・ヒメルスタイン氏が記したForbesの記事を参考に、私なりの意見を考えてみました。

shutterstock_1077868916

基本前提は、チームメンバーとして尊重すること

テレワーク社員はその働き方から、仲間の枠内に入りづらいことがあります。

遠隔勤務であってもチームの枠から外さず、メンバーの1人として扱うことが、協力体制を構築するカギに。

具体的には、以下の3点に気をつけるとよいようです。

1. まめに情報を共有できる環境をつくろう

顔が見えなかったり、情報共有が不十分であったりするために、テレワーク社員との意思疎通がうなくいかないことがあります。

情報をこまめにチャットできるSlackや、通話で活躍するSkypeなどのツールを導入して、遠隔地で働いている社員でも情報をキャッチアップできる環境を作りましょう。

ときにはビデオ通話などで、画面の向こうに人がいると実感できるコミュニケーションをとることも大切です。

shutterstock_1080539369

2. 都合を考慮してスケジュールを組もう

社内会議をする際は、テレワークメンバーの都合も考慮しましょう。

子供を保育園などに送り迎えする、身内の介護をする、というようにテレワーク社員にも遠隔勤務の理由があるはずです。

ミーティングはお昼過ぎの落ち着いた時間にセッティングするなど、テレワークメンバーの都合を考慮して、必要に応じて参加できるスケジュールを組みましょう。

3. 喜びを共有してチームに巻きこもう

目標達成などの祝賀イベントにテレワーク社員も参加することで、チームとしてのつながりをより強固なものに仕上げます。ヒメルスタイン氏は、テレワーク社員を巻きこむ例として以下のことをあげています。

祝賀の席へテレワーク社員を巻き込むことを忘れないでください。マイルストーンの到達であれ、新規クライアントとの契約であれ、テレワーク社員も同じ輪のなかにいれましょう。祝賀イベントに参加できないかもしれませんが、SkypeやFaceTimeを活用したり、スペシャルメッセージやランチのごちそうなどを送ったりするのもいいでしょう。
Forbesより引用翻訳

テレワーク社員と協力し、よい成果を出すには、オフィスで働く社員との連携が大切です。

コミュニケーションツールの活用、会議の時間設定、目標達成した際の喜びの共有などで、つながりを密にしていきましょう。

Forbes]Image via Shutterstock

*こちらもおすすめ

長〜いToDoリストにウンザリしそう?

ToDoリストでタスク管理をしているのに、やるべきことが終わらない!それはToDoリストの使い方が間違っていますよ。気分よくタスクを完了させるコツを...

https://www.cafeglobe.com/2018/07/divide_todo.html

「転職したい」つらい悩みを喜びに変える思考法

収入を上げるために仕事を辞めたり、周りに迷惑をかけないために仕事を続けて苦しんでいませんか?究極の選択はつらいけど、同時に喜びでもあるという発想法を...

https://www.cafeglobe.com/2018/05/hard_choice.html

  • facebook
  • twitter
  • hatena
せきぐちゆう
フリーライター。インド在住後、2012年からライティング業務に従事。インドのRabindra Bharati大学、オーストラリアMacquarie大学で学んだ経験を生かし、英語教材出版社やニュースメディアなどで執筆中。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。