1. Home
  2. キャリア
  3. 「変われない」は思いこみ。思考のクセを変えるフレーズ7つ

「変われない」は思いこみ。思考のクセを変えるフレーズ7つ

shutterstock_1085819885

驚くほど仕事が速い人や、会議で積極的に発言する人。「すばらしいな」と感心しつつ「私はそういうタイプじゃないから」とあきらめてしまっていませんか?

でも、それは単なる思い込みに過ぎないのでは。赤羽雄二氏は著書『変化できる人 人は誰でも、何歳でも変わることができる』の中で指摘しています。

「癖」で決めつけるのはもったいない

「変われない」「自信がない」「これが自分のスタイルだから」と思っていることは、ほとんどが特に理由もなく決めているただの「癖」だと赤羽氏は言います。

変わらない理由が実際はほとんどない、ないにもかかわらず、むやみに変化を恐れて一歩を踏み出さない、というのは本当にもったいないと思います。
『変化できる人 人は誰でも、何歳でも変わることができる』P107より引用

「ただの癖だなんて、そんなことはない」と否定する前に、振り返ってみてください。

「もっとああすれば、成長できるかもしれない」というアイデアが頭をよぎったとき、「自分の柄じゃないから」と勝手に決めつけて、なかったことにした経験はないでしょうか。

変わるための「魔法の言葉」

そうはいっても、思考の「癖」を変えることは簡単ではありません。では、どうすればいいのでしょうか。赤羽氏は、変化を促すための「魔法の言葉」をいくつか紹介しています。

・「振り子を一回大きく振ってみよう」
・「百歩譲ってやってみよう」
・「騙されたと思ってやってみよう」
・「月曜・火曜だけやってみよう」
・「午前中だけやってみよう」
・「誰かのためにと思ってやってみよう」
・「相手に負けるわけではないと思ってやってみよう」
『変化できる人 人は誰でも、何歳でも変わることができる』より引用

自分のスタイルを変えることに、納得していなくてもいいのです。とりあえず期間を決めてやってみて、うまくいかなければすぐにやめればいい。「やってみないと気づかない」ことが多々あるのです。

そうやって、「まずは変化させ、よくなければ調整し、また変えてみる」ということを繰り返すことで、人は成長していきます。

変わることで感性が刺激され、気持ちも豊かになる、と赤羽氏。常に柔軟で、発想力豊かでいるために、変化させてみることそのものにも大きな意味がありそうです。

変化できる人 人は誰でも、何歳でも変わることができる

著者:赤羽雄二
発行:ぴあ株式会社
定価:1,200 円(税別)

起業家って、まるで旅人。一歩一歩で世界が変わる

トルコ出身のクルド人起業家 ハムディ・ウルカヤ氏は、過程こそが宝物だと言います。目標を達成できずに苦しいときに、思い出したい言葉とは?

https://www.cafeglobe.com/2018/07/chobani.html

「批判が苦手な人」必読、バイナンスCEOのサクセス術

仮想通貨事業のバイナンスCEOジャオ・チャンポン。フォーブス誌が発表した最新の仮想通貨大富豪ランキングでは第2位と、今勢いのある起業家のひとりです。...

https://www.cafeglobe.com/2018/07/binance.html

  • facebook
  • twitter
  • hatena
中島理恵
ライター・エディター。埼玉県出身、広島県在住。編集プロダクション、出版社勤務を経てフリーランスへ。旅、食、建築、インテリア、ビジネス、育児、動物など多岐にわたる記事の執筆・編集、翻訳などを手がける。3児の母。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。