1. Home
  2. コミュニケーション
  3. 「話上手だね」って褒められたい! 相手を納得させる会話のコツ5つ

「話上手だね」って褒められたい! 相手を納得させる会話のコツ5つ

「話が上手だね」 「プレゼンスキル高いよね」

説得力がある話術だと褒められて嬉しくない人はいないでしょう。ビジネススキルを認められたとなれば、なおさらです。

話す力をビジネスに生かしている人は、どのような工夫をしているのでしょうか?

ニューヨークのコメディアン、ジェフ・シマーモンさんが語る「話し上手になる方法」のエッセンスを、ライフハッカー(日本版)の記事からご紹介します。ビジネスの現場で生きる話術を身に付けるために最適な、話し方のコツです。

20180829_lh_speaking

5つのポイントを意識するだけ!

シマーモンさんは実体験から、以下の5つを話術のコツとして紹介しています。

1. 天気の話から始めない
2. ストーリーの始まりと終わりをはっきりさせる
3. 対話を表現するときは「言いました」以外の動詞を使わない
4. インターネット言語を使用しない
5. 「突然」とか「蜂の巣をつついたような騒ぎ」などの決まり文句を使わない
ライフハッカー(日本版)より引用

「3. 対話を表現するときは『言いました』以外の動詞を使わない」は、意味が分かりづらいかもしれません。会話を表現する際の語尾を過剰にしないという意味です。

つまり、どういうこと?

例えば、新システム導入をする際の会話を想像してみましょう。

  • 使い勝手はどうですかと担当者は作業担当者にささやきました
  • 仕事が速くなったと歓声を上げました
  • 担当者は良かったと大声で叫びました

「ささやく」「歓声を上げる」「大声で叫ぶ」こういった表現は避けるべきです。

  • 担当者は作業者に使い勝手はどうですかと言いました
  • 作業者は仕事が順調に進むと嬉しそうに言いました
  • 担当者はそれは良かったと喜々として言いました

過剰な表現を避け、聞き手の想像力を刺激して、臨場感を出しましょう

普段から意識してみよう

プレゼンの技術や営業などに生きる会話のスキルは、5つのポイントを意識するだけで、大きく向上していきます。

考えなしにペラペラと喋るだけが話術ではありません。話のコツを理解し、わずかな演技を付け足すだけで、聞き手は良い印象を持つようになります。

会話や発表をする際には、5つのコツを意識してみましょう。

ライフハッカー(日本版)

逃げ出したい雑談タイムを楽しみに変えてみよう!

雑談が始まると逃げ出したくなる。交流会で何を話していいのかわからない。そんな方へ、コミュニケーションの専門家が、雑談力をアップするポイントを解説。

https://www.cafeglobe.com/2018/06/talk_skills.html?test2018_01

全然無駄じゃなかった。雑談力、もっと磨いていこう

ビジネスにはつきものの雑談。苦手な人や無駄だと思っている人は少なくないはず。でも、科学的な検証で「雑談は無駄ではない」という結果が出たそう。というの...

https://www.cafeglobe.com/2016/09/057485smalltalk.html?test2018_01

Image via Shutterstock

  • facebook
  • twitter
  • hatena
せきぐちゆう
フリーライター。インド在住後、2012年からライティング業務に従事。インドのRabindra Bharati大学、オーストラリアMacquarie大学で学んだ経験を生かし、英語教材出版社やニュースメディアなどで執筆中。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。