1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 秋が待ち遠しい! パリで注目されるバッグ新ブランド2つ

秋が待ち遠しい! パリで注目されるバッグ新ブランド2つ

2018年秋冬から、パリの老舗デパート「プランタン」が独占販売を始める2つのバッグブランド。これらはいずれも、女性創業者が立ち上げたブランドです。

アーティなバッグ「Louvreuse(ルーヴルーズ)」

2016年にルーヴルーズを立ち上げたのは、アートを愛するVictoire Villiers(ヴィクトワール・ヴィリエ)。

彼女自身がルーヴル美術館大学出身で、ルーヴルーズというブランド名も、ルーヴル美術館のルーヴルから取ったものです。

20180804_parisbag_1

Victoire Villiers近影

アーティストに着想を得たバッグは、色ひとつとっても、ロベール・ドローネーのオレンジ、イヴ・クラインのブルー、グスタフ・クリムトの金色といった具合に、画家たちの特徴を押さえた選択がなされています。

20180804_parisbag_2

Louvreuse Cleo ©Florie Berger

20180804_parisbag_3

Louvreuse-Kandi キャメル

20180804_parisbag_4

Louvreuse-Eugène エメラルドグリーン

アートを身につける感覚で持ちたいルーヴルーズのバッグは、すべてフランス西部のアトリエで製造されています。

シンプルな機能性を追求する「Aesther Ekme(エスター・エクミ)」

エスター・エクミは、ブラジル育ちのStéphane Park(ステファン・パーク)が、デンマーク王立美術院でマスターコースを修了したのち、2016年に立ち上げたブランドです。

クリミアのタタール語で肩から下げるバッグを意味するエクメと、クラシックなという意味のエスターを組み合わせた命名となっています。

20180804_parisbag_5-1

ステファン・パーク近影 ©Hans Zeuthen

ブラジル、サンパウロの近代建築に囲まれて育ったことと、デンマークの洗練されたミニマリズムの影響を受けたステファン・パーク。

彼女のバッグは、上質な匂いに包まれながらも、無駄なものを削ぎ落としたシンプルさと、確かな機能性を兼ね備えています。

20180804_parisbag_6

Aesther Ekme – Pouch

20180804_parisbag_7

Aesther Ekme - Mini Barrel Bombay

20180804_parisbag_8

Aesther Ekme - Sac Wine Tasting

個性が光る2つのニューブランド。秋冬を先取りたくしたくなるバッグばかりです。

*こちらもおすすめ

ディオールの新たな美。クロード・カアンの願い

「ディオール」が2018年プレフォール コレクションが発売。トランスジェンダーであったアーティスト、クロード・カアンのセルフポートレートに突き動かさ...

https://www.cafeglobe.com/2018/05/dior-3.html

アニヤ・ハインドマーチのカスタマイズできるスマホケース

「アニヤ・ハインドマーチ」からスマホをカスタムするアクセサリー「Pimp Your Phone」が登場。ケースやチャーム、リストレットやストラップな...

https://www.cafeglobe.com/2018/08/anya.html

Printemps Paris Haussmann , Louvreuse , Aesther Ekme

  • facebook
  • twitter
  • hatena
冠ゆき
山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、国立大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド五年、イタリア三年半、中国四年半の生活を経た後、2013年夏フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40カ国。六ヶ国語を解する。多様な文化に身をおいてきた経験を生かして、柔軟かつ相対的視点から、フランスのあれこれを切り取り日本に紹介中。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。