1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 帰宅後だって自炊したい。おいしく時短でこなすワザ

帰宅後だって自炊したい。おいしく時短でこなすワザ

shutterstock_234848587(1)

“You are what you eat.”

食は人なり。健康は食べ物で決まると言われます。

健康のためには自炊をするのがベストとは知りつつも、料理をする時間を確保できないのはよくある悩み。

しかし、どうも違うようなのです……実は、

みんな、自炊をがんばってる!

このたびソフトブレーン・フィールド株式会社が、働く女性897名(平均46歳)を対象に実施したアンケート調査では、全体の71.8%が「健康的な食生活を心がけている」と回答

ふむふむ。で、次に、健康を意識して取り入れている「食べ物」や「食べ方」を聞いたところ、

1. 乳製品を摂る……66.5%
2. 豆腐や豆類を食べる……58.9%
3. 3食しっかり食べる……57.0%
4. 手作りの食事……52.8% (複数回答可)

「手作りの食事」と答えた人は52.8%と、2人にひとりが自炊を続けていることが明らかになりました。

とくに、ヨーグルトや豆乳、納豆、そして豆腐が人気の食材に。

「必ず一日3食を食べ、血糖値が上がりにくいように野菜から食べる」「健康のために手作りの食事、サラダは毎日、メインに魚や肉を使って作る」など、忙しい中でも手作りの食事にこだわり、健康的な食生活を送っている方が多いことが見えたそう。

それにしても、皆さんいったい、

どうやって、仕事と料理を両立させているの?

同アンケートでは、全体の76.1%が「調理時間を短縮できるように心がけている」と回答。

具体的な工夫は、多い順に、

1. 電子レンジを使った加熱料理……53.6%
2. 献立を前もって考えておく……47.7%
3. 便利グッズの活用……37.5%
4. フライパンを使った料理……34.1%
5. 作り置きをする……31.9% (複数回答可)

最近は、時短レシピを紹介する料理動画が大人気。働く女性にとっても、心強い味方です。

トースターや炊飯器を活用した時短調理も人気。たしかに、人気の料理動画にもこれらの家電は頻繫に登場します。

ほかにも、手早くフライパンひとつで調理ができる「フライパンを使った料理」や「作り置き」など、調理法や、帰宅後の短時間で夕食をつくるための事前の準備などで、賢く時短料理をしていることがわかりました。

手の込んだ料理を何品も作ろうとすると挫折してしまいがちに。

一汁一菜でもいいので、気負わずゆるく続けるのが自炊継続のポイントなのでしょう。

サステナブル∞ワークスタイルプロジェクトVOL.3 ~健康と食についての意識調査~]Image via Shutterstock

バテちゃった? 「長生きみそ汁」で夏を乗りきろう

時間がない、食欲がないときのお助けメニュー「みそ汁」。今年は、医師の考案したユニーク「長生きみそ汁」で暑い夏を乗り切りましょう!

https://www.cafeglobe.com/2018/08/misosoup.html

速くて楽で超時短。帰宅後の自由時間を長くする買い物ワザ

生鮮食品と日用品のデリバリーサービス「Amazonフレッシュ」がレシピサービスの「クックパッド」や「DELISH KITCHEN」と提携。レシピに必...

https://www.cafeglobe.com/2018/05/amazonfresh.html

吉野潤子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    帰宅後だって自炊したい。おいしく時短でこなすワザ

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。