1. Home
  2. キャリア
  3. ToDoリスト作ってから数日経過。やる気を出すには?

ToDoリスト作ってから数日経過。やる気を出すには?

ToDoリストを作ったものの、やる気が出ない……。

ToDoリストでもっとも大変なことは、リストを作成することやタスクをすべて完了することではなく、最初のやる気を出すことです。

そこで、ライフハッカー(日本版)の記事で紹介された、ADHD(注意欠陥多動性障害)の専門YouTuberエドワード氏とジェシカ氏が提案する、ToDoリストに勢いよく取り組む方法を確認していきましょう。

shutterstock_380527267

やる気を引き出す4ステップ

エドワード氏とジェシカ氏の“やる気”を引き出す方法は、とてもシンプルな4つのステップで構成されています。

1. 快適な姿勢で座る。
2. タスクに取りかかるところをイメージする。
3. タスクの1つ1つのステップをイメージする。
4. ステップの最初から最後までを繰り返す。
ライフハッカー[日本版]より引用

ここでは始業時のメール処理のタスクを例にして考えてみます。

1. 快適な姿勢で座る

まず、パソコンの前に座り、「快適だな」と感じる姿勢を作りましょう。背筋を伸ばし、アゴを適度に引き、猫背にならないように気をつけると、呼吸が整いやすくなります。

2. タスクに取りかかるところをイメージする

そして、ゆっくりと息を吸いながら、メール処理を始めるイメージをします。そのまま、メールチェックと返信をしていくこともイメージしていきましょう。

3. タスクの1つ1つのステップをイメージする

メールボックスを開き、内容を確認し、返事が必要なメールがあれば、相手のことを考えて適切なメッセージをタイピングする自分の姿を想像します。

4. ステップの最初から最後までを繰り返す

1回のイメージでは、やる気が起きないこともあるので、何度か繰り返します。メールボックスを開き、返事をしてメール処理を終える自分の姿を何度か思い描いていくうちに、やる気が出てきていることに気づくはずです。

やる気が出てきたら、実際にタスクに取りかかりましょう。

気が散ってしまったら、そっと引き戻すとよい

ここではメール処理というシンプルな例を出しましたが、これは日々の営業周りでも、プレゼンテーションでも応用可能です。

もしも、気が散ってしまったら、次のようにするとよいです。

このとき、瞑想と同じく、心がさまよいだしたら気づくようにし、気づいたらそっと引き戻すようにします。「だいたいいつも、気が進まないステップに差しかかると、私の脳はひらりと身をかわして、別のことを考えようとします」とEdwardさん。「そうなったら、深呼吸をして、最初からやり直すようにします」
ライフハッカー[日本版]より引用

タスクをこなすためのモチベーションを引き出すことができれば、あとは項目をこなすだけです。

さあ、はじめましょう。

ライフハッカー[日本版]]Image via Shutterstock

*こちらもおすすめ

長〜いToDoリストにウンザリしそう?

ToDoリストでタスク管理をしているのに、やるべきことが終わらない!それはToDoリストの使い方が間違っていますよ。気分よくタスクを完了させるコツを...

https://www.cafeglobe.com/2018/07/divide_todo.html

Dellをつくったマイケル・デル。成功へのジャッジは「やらないことを決める」

不安になると、あれもこれも手を出してしまいがち。しかし、そんなときこそ思い切って“やらないこと”を決めるようにすれば、一番大事な目標をあっさり実現で...

https://www.cafeglobe.com/2018/03/word-7.html

せきぐちゆう

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    ToDoリスト作ってから数日経過。やる気を出すには?

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。