1. Home
  2. コミュニケーション
  3. 「女性のための」上手に伝わる会話のコツ5つ

「女性のための」上手に伝わる会話のコツ5つ

仕事の本棚

20180915_book_female-5

ビジネスにおいて、重要な立場に立てば立つほど、話をする機会は極めて多くあります。女性だけではなく、男性にも理解してもらえる上手な話し方が身についていたら、最強のスキルといえるでしょう。

女性のためのもっと上手な話し方』 の著者・日野佳恵子は、女性マーケティング&コンサルティング会社の代表であり、講演や研修、セミナーなどを年間100回以上おこなっています。

どうしてうまく相手に伝わらないの?

著者は30代で起業した頃、ある悩みを持っていました。それはクライアントである企業の管理職や経営者(多くは男性)に、「自分の伝えたいことを上手に伝えたい」ということ。

そして、一生懸命話していてもなかなか伝わらないのは、どうやら男性と女性は「話し方」に違いがあるからであると著者は気づいたと言います。そこで、「女性が仕事で評価される話し方」を研究し、実践したところ、男女問わず「話し方」を褒められるようになったのだとか。

本著の中で著者はこのように述べています。

① 仕事においては、「目的」をおさえて話す
② 仕事においては、「目的」に対して「事実」だけを述べる
③ 仕事においては、相手の時間は「お金」と心得る
④ 仕事においては、「目的」を理解して「的確」に伝える
⑤ 仕事においては、「感情的」にならずに話す

この5つは、女性が仕事で評価され、認められる話し方の5原則である。逆にいえば、この5原則がそのまま5つの失敗ポイントであるといえそうです。

男性に伝えるときは「シンプルに話す」

特に5つ目の「男はプライドが高い生き物である」ということを十分に理解する。そして、男性に対しては決して感情的にならずに淡々と話すという意味が含まれていると著者はいいます。

「要するに何が言いたいんだ?」

どこかで耳にしたことがあるような言葉です。

上司やクライアントである上層部の多くは、男性であることが多い日本の社会。ビジネスの場でのまわりくどい話し方は、封印することがポイントであるといえそうです。

「要するに」→短く
「何が言いたいんだ?」→ゴール

つまり、シンプルに話してほしいということ。

女性は話すときに考えすぎてしまう生き物。話が複雑ならないように、余計な言葉を排除して、最短で伝える。その技術は、さまざまな場面で自分の身を助けてくれそうです。

女性のためのもっと上手な話し方

著者:日野佳恵子
発行:ディスカヴァー・トゥエンティワン
定価:1,400円(税別)

礼儀・礼節を大切にしたら、わずか3年でトップセールスパーソンに

礼儀・礼節がきちんとできているとコミュニケーションがうまくはかれるもの。しかし、その概念をリーダーとして、部下にどう伝えるべきかは悩みどころです。ビ...

https://www.cafeglobe.com/2018/09/book_communication.html?test2018_01

うまく進む交渉は、whatよりも、whyで

交渉がうまく進まず頓挫しがちな人は、what(コト)ではなく、why(ナゼ)にフォーカスしてやりとりを進めるとうまくいきます。相手を言いくるめるので...

https://www.cafeglobe.com/2018/08/negotiation.html?test2018_01

ナカセコ エミコ

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    2019.04.13.Sat

    【終了】シチズン時計株式会社「NewTiMe, New Me」キャンペーン × MASHING UP
    〜明日からできる、世界をほんの少し変える選択〜

    common ginza (GINZA PLACE 3F)

    「女性のための」上手に伝わる会話のコツ5つ

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。