1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 家賃にガッカリしてない? 実はそれ、立派な投資です

家賃にガッカリしてない? 実はそれ、立派な投資です

住宅費は、毎月避けることができない固定費です。

収入の多くを使うことになるため、持ち家の購入などで節約したいと考える人も多いでしょう。

しかし住宅費は昔に比べて上がっており、マイホームを持つことは容易ではありません。

こう聞くと、家賃を払い続ける絶望感にかられるのではないでしょうか。ですが、ライフハッカー(日本版)の記事で紹介されているように、賃貸は投資であるという考えができるのです。

自分のものにならない家の賃料を無駄な出費と考えるのではなく、家賃は自分や子どもの将来のチャンスへの投資だと考えるのです。
ライフハッカー(日本版)より引用

20180905_lh_home

高い家賃が"将来への投資"になる

都心には、人脈を作るチャンスや仕事を得る機会が溢れています。「家賃が安いから」という理由だけで、こういった好機がない地域へ暮らすのであれば、それこそムダな出費になってしまうかもしれません。

生活環境の充実した都心に住むことは、幅広い人脈を得るチャンスに身を置くことになり、自分や子どもの将来のチャンスへ投資していることになるのだとか。

家賃を多く支払うことになったとしても、将来的な成功が期待できるのであれば、それはムダな出費ではなく投資や"貯金"となります。逆に住宅費の安さだけを重視して、将来的なチャンスを逃すのであれば、機会損失であり"借金"となってしまうのです。

将来得るものを見極めて住宅費に投資しよう

もちろん投資先を見極めることも大切でしょう。見据えているキャリアや関係している業界によっては、必ずしも家賃が高い都会だけが選択肢とならないはずです。

家を借りることは実際には、優れた投資であると論じられています。
ライフハッカー(日本版)より引用

地方のITベンチャー関係者が東京から福岡に移住したり、地方創生に従事したい人が新潟に移住したりするケースも考えられます。

いずれにせよ、住宅にかかる費用や家賃はムダな出費とは限りません。キャリアや人脈が手に入るのであれば、投資・貯金になることを覚えておきましょう。

ライフハッカー(日本版)

お金が自然と増えていく「貯金体質」の身につけかた

節約しているつもりなのに、お金がぜんぜん貯まらないという人は少なくありません。貯金ができる3つの出費ルールをチェックして、今日から自然とお金が貯まる...

https://www.cafeglobe.com/2018/06/money.html?test2018_01

経済学ってこんなにたのしい! お金を手に入れる6つの方法

経済や金融の話はややこしくて卑しい……。でも本当はそう難しくなく、何より面白いもの。金融・経済系学園ドラマというスタイルで、正しいお金の認識について...

https://www.cafeglobe.com/2018/08/book_money.html?test2018_01

Image via Shutterstock

  • facebook
  • twitter
  • hatena
せきぐちゆう
フリーライター。インド在住後、2012年からライティング業務に従事。インドのRabindra Bharati大学、オーストラリアMacquarie大学で学んだ経験を生かし、英語教材出版社やニュースメディアなどで執筆中。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。