1. Home
  2. キャリア
  3. その日本のビジネス常識、海外の人はわかってないかも……

その日本のビジネス常識、海外の人はわかってないかも……

海外とビジネス交渉をするときに、日本のビジネス文化しか知らないと、誤解されたりズレが生じたりする場合があります。

グローバルな舞台でスムーズな交渉をするには、何を押さえればよいのでしょうか? 国際コンサルティング企業 東京ネクサスCEO、Reid Monroe-Sheridan氏の書いたこちらの記事を参考に考えてみましょう。

shutterstock_129347642

海外の人に伝わりにくい「日本のビジネス常識 4つ」

1. 稟議などによる決定の遅さ

時には相手に「プレッシャーを与えている」と誤解されかねないのが、最終結論をだすまでのタイムロス。これは社内の責任分担や、時間のかかる稟議を知らないから。

交渉相手に決断するまでにプロセスがあることを説明し、回答期日を伝えておくことで回避できます。

2. 曖昧さ

特にNoの場合、それをストレートに伝えることが少ないのが日本文化です。

たとえば、直接的に「できません」と言わず、「難しい」と言った表現を使うことはよくあること。しかし、それがそのまま訳されると、交渉相手を困惑させかねません。

また、あえて結論を曖昧にしたい際に、「考えます」で回避するのも危険。回答をいつまでも待ってしまう場合があるからです。明確な言葉を使うことが信頼を得るコツです。

3. お酒の付き合い

酒の席をコミュニケーション手段として大事にしている日本文化。これは世界的にも理解され始めているようです。

親しくなれば交渉もよりうまくいきそうですが、日本人が得意な「空気を読む」スキルをフル稼働することが重要。長いフライトで疲れていたり、アルコールを摂らない相手の場合もあり、接待とはいえこちらの好意を理解してもらえないことも。

臨機応変に、何事も強要しないことが良い印象をキープするためにも必要です。

4. ビジネスマナー

「お辞儀」への理解も浸透していますが、やはりグローバルスタンダードは「握手」です。

以前は、初対面からハグや頰へのキスを求められることもありましたが、セクハラの懸念から特に女性に対しては現在減少傾向です。もちろん、女性同士でも、同じノリでこちらからハグをすることはNG。しっかりアイコンタクトをして握手で対応すれば、相手に敬意を示すことは成功です。

まとめると、

1. 稟議プロセスはあまり知られていない。回答期日をしっかり伝えて。

2. 「難しい」「考えます」でぼかさない。明確な言葉を使おう。

3. 飲みニケーションは空気を読もう。

4. 挨拶のグローバルスタンダードは「握手」

交渉を成功に導くためにもグローバルなビジネスルールに則ることは最重要。

明確な態度で、相手を安心させることは交渉をスムーズに進める鍵かもしれません。

TOKYONEXUS]Image via Shutterstock

「知らなかった」じゃ遅すぎる、世界標準の仕事のルール

世界を舞台にする働き方には、日本とは違う標準がいろいろとあるようです。海外に出たらどういう相手と戦うようになるのでしょう。ワークスタイルや交渉のルー...

https://www.cafeglobe.com/2018/07/book_sekai.html?test2018_01

交渉を成功させたい? この2つを覚えよう

交渉に必要なのは、熱意ではなく戦略。押して押して押しまくれでは相手は引いてしまうだけです。コツは、時間をかけること、1パッケージで考えること。

https://www.cafeglobe.com/2018/09/negotiation-1.html?test2018_01

  • facebook
  • twitter
  • hatena
神田朝子
NY系東京人のライター/ピアニスト。 立教大学法学部を卒業後、外資系メーカーに勤務。2009年に渡米し音楽修行の傍らライターデビュー。2018年春に帰国。 得意分野はファッションやトレンド。楽しいことを探して東京を漂流する様子はInstagramでほぼ毎日更新中。 英語で学ぶ音楽教室「epiphany piano studio」主宰。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。