1. Home
  2. キャリア
  3. 新しいアイデアは多くのビジネスモデルを知ることで生まれる?

仕事の本棚

新しいアイデアは多くのビジネスモデルを知ることで生まれる?

社内の小さなプロジェクトであっても、新しいビジネスを立ち上げるということは至難の技です。そのまえに、世の中に溢れる優れたビジネスモデルを、一挙に知りたいと思う心は、横着なのでしょうか。

book_business

近藤哲朗著『ビジネスモデル2.0図鑑』 は、 「すごい100個のビジネスモデル」を図解したものです。

注目されているスタートアップだけではなく、海外では有名だけれど日本では知られていないユニコーン企業や大企業が新たに始めた新規事業など、バラエティ豊富。

著者は、株式会社そろそろの代表取締役で、面白法人カヤックで出会った仲間たちと現在の会社を創業。社会課題の解決を目的とした事業や組織を応援する活動をしています。

新しいアイデアに必要な2つの視点

現代を取り巻くビジネスの世界が、ものすごい勢いで変化していることは肌で感じるところ。

これまでやっていたあたりまえが急に通用しなくなるなんてことは、もはや日常茶飯事です。永遠に通用するビジネスモデルは、存在しません。

・ビジネスモデルは思考バイアスを生みやすい
・ビジネスモデルは模倣されやすい

これらの指摘を乗り越えるためには、「ビジネスモデル2.0」の視点が重要。「逆説の構造」「今の業界の定説を覆す」要素を持っていることがポイントになってきます。

多くの優れたビジネスモデルを、一挙に知る

本著は、どの部分が新しいのか、100個のビジネスモデルを代表的な経営資源であるヒト・モノ・カネ・情報の4つに分類し、解説しています。

たとえば、ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」で有名な株式会社ZOZO。話題になった、着るだけで全身24か所の寸法をスマホで採寸できるボディスーツ「ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)」は、新たなテクノロジーを使う「情報」に分類されます。

図解を見ることで、ZOZOSUITのビジネスモデルがいかに優れたサービスであるか、一目瞭然でわかります。

新しいアイデアは、多くのビジネスモデルを知ることから湧き出してきそうですね。

ビジネスモデル2.0図鑑

著者:近藤哲朗
発行:KADOKAWA
定価:2,600円(税別)

※一部記事を訂正いたしました。(2018年11月15日)

▼ Sponsored

盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

忙しい毎日、少しでも自由な時間を増やしたい——。 カフェグローブ読者にアンケートを実施したところ、 意外なところで時間がかかっていることがわかりまし...

https://www.cafeglobe.com/2018/11/nanox.html?test2018_01

がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

19歳? 25歳? 35歳? 40歳? いったい何回曲がればいいのか、お肌の曲がりかど……。同志たちがしたためた、ちょっぴり笑えてなんだか胸アツな「...

https://www.cafeglobe.com/2018/11/kose_the_wrinkless.html?test2018_01

  • facebook
  • twitter
  • hatena
ナカセコ エミコ
(株)FILAGE(フィラージュ)代表。 書評家/絵本作家/ブックコーディネーター。女性のキャリア・ライフスタイルを中心とした書評と絵本の執筆、選書を行っている。「働く女性のための選書サービス」“季節の本屋さん”を運営中。

    仕事の本棚

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。