1. Home
  2. キャリア
  3. 部下をアップデートしたければ、指導を常にアップデートすべし

部下をアップデートしたければ、指導を常にアップデートすべし

仕事の本棚

自分が仕事を頑張るということは、意外と簡単な話。しかし、世代も価値観も違う部下たちを「使える人材」に育て上げていくということは、一朝一夕にできるものではありません。

人材育成もひとつのスキルと見なされる管理職にとって、おろそかにしてはいけない問題です。

book1128

『部下ノート』の著者である望月禎彦氏は、人事政策研究所の代表。これまで30年間、「できる社員」を増やすことを目的とした支援を、300社以上の企業で行ってきました。

「どうやって部下を育てていけばいいのか」。どこの企業も、古今東西、悩みは共通しています。

何しろ、急に部下は育たないし、すぐに部下の考え方や習慣を変えることも難しい。業務量は変わらないのに働き方改革のなかで残業時間が減り、部下にじっくりと時間を取りにくい周辺状況も、ストレスに拍車をかけてきます。

そんな、悩める上司たちにオススメなのが「部下ノート」。部下の気になった行動や言動を1行、自分が部下に行った指導を1行、ノートに書くだけでいいのです。

同じ指導を繰り返すのはNG!

多くの上司が行なっている指導の問題点として、同じ指導を繰り返ししているというケースが非常に多いようです。

期限を守れない部下に「期限を守れ」と何回言ったところで、どうしてもできない。やがて、「あの部下は使えない」という結論に至り、育成を諦めるというパターンが多いのでしょう。

成果を出すためには、違うボール(言葉・指導法)を部下に投げる方が、成果を出していく確率が上がります。しかし、上司側は、部下が何人もいればなおのこと、誰にどんなボールを投げたのか、意外と意識していないものです。

部下ノートを使って、定期的に部下の行動と自分の指導法をチェック。「どういう伝え方をしたらいいのか」という指導力を、常にアップデートしていきたいですね。

部下ノート

著者:望月禎彦・髙橋恭介
発行:アスコム
定価:1,500円(税別)


ナカセコ エミコ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    部下をアップデートしたければ、指導を常にアップデートすべし

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。