1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 不安な気持ちをスッと切り替えたいなら「気軽な禅習慣」がおすすめ

不安な気持ちをスッと切り替えたいなら「気軽な禅習慣」がおすすめ

仕事の本棚

年末は、何やら心がざわつく時期。心配事というものは、後からとめどなく湧き出てくる。考えても仕方がないことは、キレイサッパリ忘れた方が良いのだと、頭では分かってはいるのですが……。

book1124

『心配事がスッと消える禅の習慣』 の著者である松原正樹氏は、千葉にある臨済宗寺院の住職です。さらに、アメリカのコーネル大学東アジア研究所の研究員であり、グーグル本社で禅や茶道の講義をしたりと、マインドフルネス界からも注目を集めている人物です。

ニューヨーク在住の著者は、アメリカと日本を行ったり来たりしながら、禅とマインドフルネスの橋渡し的存在として、人種や国籍を越えて「心の救済」に当たっています。

禅の要素が、プラスに働く

禅というと禅問答のような、一見すると難解で、ややループしている世界観をイメージしがち。しかし、本来の禅は少し違うようです。

著者の祖父は松原泰道氏。禅僧で、101歳で亡くなるまでに100冊を超える著書を残しています。その祖父は、常々こんなことを言っていました。

みんなが心配といっているのは、心を痛める心痛である。本来、心配とは他者を気にかけて心を配ること。心痛ではなく、たくさん心配をするといい。

著者は、その見解に対して、こんな解釈を付け加えています。

もっと自分にも心を配っていい。もっと、自分を大切にしていい。

心配や不安に振り回されない自分になっていくために、禅やマインドフルネスの要素を生活に取り入れていくことは、間違いなく自分にとってプラスになるはずです。

気持ちを切り替えるには「歩く瞑想」

不安にとらわれてしまい、自身で心をうまくコントロールできないとき。感情に執着せずに、パッと気持ちを切り替えるのに役立つのが「歩く瞑想」(禅でいう経行)です。

歩く瞑想の基本は、足に意識を集中すること。地面を蹴り上げてから着地するまで、右、左、右、左、と、全精神をその一歩に集中して歩きます。つまり、歩くときは、歩くことに意識を向ける。

自分は歩いているという事実だけを受け止めることで、いつしか、不安や後悔というものは、心に居場所をなくしていくようです。通勤時などで、気軽に取り入れてみたい禅習慣です。

心配事がスッと消える禅の習慣

著者:松原正樹
発行:アスコム
定価:1,100円(税別)

ナカセコ エミコ

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    2019.04.13.Sat

    【終了】シチズン時計株式会社「NewTiMe, New Me」キャンペーン × MASHING UP
    〜明日からできる、世界をほんの少し変える選択〜

    common ginza (GINZA PLACE 3F)

    不安な気持ちをスッと切り替えたいなら「気軽な禅習慣」がおすすめ

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。