1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 男性向け? 女性向け? いいえ、ジェンダーを超えた香りです

男性向け? 女性向け? いいえ、ジェンダーを超えた香りです

グラフィカルな配色のベルベットをまとったボトル。「プラダ」を代表する香りとなっている「プラダ フェム」「プラダ オム」の限定ボトルが登場しました。

20181111_prada_1

写真左から「プラダ フェム オーデパルファム ベルベットエディション」、「プラダ オム オーデトワレ ベルベットエディション」ともに100ml 40,600円(税別)※プラダの店舗などで販売

ランウェイからインスパイアされたデザイン

これらは、重厚な布地や大胆な色使いレトロなファブリックなど、1970年代の遊び心を表現した2017年秋冬コレクションからインスパイアされたもの。

プラダの歴代のバッグに刺繍を施してきた職人が手がけた、イタリア製のベルベットが採用されています。

ジェンダーを感じさせない

2016年に誕生したプラダ フェムとプラダ オムは、ジェンダーとアイデンティティの既存概念に対する疑問をテーマにしたフレグランスです。

赤×ピンク×オレンジの配色がプラダ フェム、緑×ブルーの配色がプラダ オム。色で分けている点は、一見、いわゆる女性的、男性的な表現のようですが、フェミニンな香料とマスキュリンな香料を混ぜ合わせたり、それぞれを転化させたりと、どちらもジェンダーを感じさせない香りに仕上がっています。

たとえばプラダ フェムは、フローラルな香調が主軸。シュッとひと吹きした瞬間は軽くてパウダリーな、清楚なムードを醸します。次第に重みを増し、知性的な香り立ちに。さらに丸みを帯びた、包容力を感じさせる香りへと変化してゆきます。単にフローラル=女性的ではなく、包み込むような温かな印象は男性にもしっくりとはまるはず。

女っぽすぎる香りは得意でない、という人が、さらりと纏うのにお薦めしたい香りです。今季だけの特別なボトルで楽しんでみてください。

プラダ

電話:0120-000-599(インターモード川辺 フレグランス本部)

インターモード川辺

  • facebook
  • twitter
  • hatena
多田亜矢子
編集&ライター。2006年、マガジンハウスに入社。雑誌『Hanako』『GINZA』編集部に勤務し、ビューティ、ファッション、グルメなどを担当。現在はフリーランスとして「Hanako.tokyo」や「FUDGE.jp」などで活動中。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。