1. Home
  2. キャリア
  3. 若者に刺さりまくり。「仕事がうまくいかない……」という悩みへの先輩のアドバイス

若者に刺さりまくり。「仕事がうまくいかない……」という悩みへの先輩のアドバイス

好評のカフェグローブ読者による座談会、第3弾の企画は「渋谷で社外メンター? 若手から学び、大人から学ぶ! 異世代交流会」。キャリアを重ねた先輩チーム、社会人歴の浅い若手チームが集まり、お互いの悩みについて本音トークをしました。

レポート記事3本目となる今回は、若手の「自分ができないせいで、先輩を困らせてしまっている気がする……」というお悩みについて。

座談会にお集まりいただいたのは……

先輩チーム:
渡辺まさみさん(ケアマネージャー・ヨガ療法士)
谷亜(やあ)ヒロコさん(フリーライター・作詞家)
照本加奈子さん(アイウェアメーカー勤務、トレーナー)

若手チーム:
笹木菜々子さん(新聞社グループ会社勤務、編集記者)
柴田栞さん(人材系Web会社勤務、ライター)
田中奈美さん(オンラインパブリッシャー勤務、事業戦略部)

zadankai_1-1

左から、笹木さん、田中さん、柴田さん、渡辺さん、谷亜さん、照本さん

役に立ちたいのに、うまくいかない……

社会人1年目である田中さん。仕事とまっすぐに向き合っているからこそ、悩むこともあるようです。

salon_7

田中さん「何を話せば、どうやって話せばわかってもらえるのだろうか、と試行錯誤しています。先輩には『仕事のゴールを決め、計画的に進めるといい』とアドバイスをもらったのですが、私が論理的に話せないせいで、困らせてしまっている気がして。もっと自分の強みを活かせる業務スキームを見つけたいし、役に立てるようになりたいのに……

客観的に気づけることもスキルなのでは?

田中さんの真摯な声には、ケアマネージャーとして後輩を育てる立場の渡辺さんも驚いた様子。

zadankai_2-1

渡辺さん「自分には論理性や計画性が欠けていると、客観的に気づけているところがすごい。それがあなたのチャームポイントでもありますよね」

田中さん「こんな自分でも、うまくやっていくコツはありますか?」

渡辺さん「コツは、無理に変えようとしないことじゃないかしら。無理に変えると自分がなくなっちゃう。十分、相手をひきつける魅力になっていると思いますよ」

包容力あふれる渡辺さんの言葉に、なんだかほっとした様子の田中さん。

失敗を責めたりせず、受け止めてポジティブな言葉をかける。そんな先輩が近くにいたら、若手社員も極度にプレッシャーを感じず、落ち着いて仕事をこなせるのかもしれませんね。

肩の力が抜けた笑顔を見せてくれました。

カフェグローブ読者による座談会、残り3本では攻守交替。若手チームが先輩の疑問に答えます。

カフェグローブ座談会第3弾 「渋谷で社外メンター? 若手から学び、大人から学ぶ! 異世代交流会」

「電話ではなくメールで済ます若手社員は失礼ですか?」に対する先輩の回答に納得
先輩が教えてくれた「飲み会以外で先輩と仲良くなる方法」が参考になる
若者に刺さりまくり。「仕事がうまくいかない……」という悩みへの先輩のアドバイス
先輩から指摘されたときに、若手社員が思うこと。本音が意外だった
若手社員に「仕事の断り方」を聞いてみたら回答が斜め上を行っていた
上司より先に帰りづらい問題。若手社員が先輩に提案するのは「ポジティブな帰り方」

撮影/中山実華

▼ Sponsored

盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

ボディクリームいらずなのに、カサカサ肌にさよならする方法

  • facebook
  • twitter
  • hatena
田邉愛理
学習院大学で日本美術史を学び、卒業後、日本の書・古美術をあつかうセンチュリーミュージアム学芸員として勤務。2004年~2012年まで展覧会音声ガイドの制作・運営に携わり、現在フリーランスライター。展覧会に行くこと、そのあとの寄り道が何より好きです。素敵なイベントやショップ、気になるいろいろをアート情報とあわせてご紹介します。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。