1. Home
  2. キャリア
  3. うつをロジカルに捉える? 対処法を『効果と難易度でマッピングしてみた』

うつをロジカルに捉える? 対処法を『効果と難易度でマッピングしてみた』

仕事の本棚

職場にもうつを患っている人、かつて患っていた人、意外とたくさんいます。それだけ、日本の仕事場はストレスフルであるといえるでしょう。

自分自身の健康管理のために、部下のメンタルケアのために。適切な対処法を知っておくことは、もはやビジネススキルの一つです。

book1219

ほっしー著『うつを治す努力をしてきたので、効果と難易度でマッピングしてみた』 には、さまざまな「うつにいい」と言われていることが、効果と難易度に分けてマッピングされています

「ほっしー@メンタルハッカー」として、ブログやツイッターを中心に活動している著者。「メンタルハッカー」とは、メンタルハックをする人のことで、ライフハックのメンタル版という意味があります。

自分のメンタルを分析して改善し、心をプログラムし直す。薬だけでは改善しきれないうつという病の全貌を知る上で、非常にロジカルな捉え方です。

うつになり、そして這い上がった経験を生かして

かくいう著者自身も、うつ病になった一人。薬を飲んで寝ているという対処法は、少しは良くなっても、それ以上の改善が見込めないということがあるようです。

闇の中を手探りでがむしゃらに進む感覚。そんな実体験に基づくうつの対処情報は、SNSの中にもなかなかない。だから自分で試して作ってみた、というものが前述のマッピングになります。

始めるなら「ほんの少しだけがんばればできること」から

うつまでいかないにしても、繁忙期には疲れすぎてメンタルがダウンしているなと感じることがあります。

効果が高くて簡単なものとして、「ハーブテイーを飲む」というものが挙げられています。うつ病になると、運動不足と生活リズム乱れによって、自律神経のバランスが崩れがち。著者の場合は、ハーブテイーを飲むことで、自律神経が安定して、朝、シャキッと起きられるようになったといいます。

他にも、愛犬と接する、YouTubeを見るなど、実に手軽にできるものが多くありますが、大切なのは、「今のあなたが、ほんの少しだけがんばればできること」から始めること

年末年始のメンタルケアに、活用していきたいですね。

うつを治す努力をしてきたので、効果と難易度でマッピングしてみた

著者:ほっしー
発行:ディスカヴァー・トゥエンティワン
定価:1,500円(税別)

ナカセコ エミコ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    うつをロジカルに捉える? 対処法を『効果と難易度でマッピングしてみた』

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。