1. Home
  2. コミュニケーション
  3. 不器用な人は必見? 伝えたいことを上手に伝えるには「想像力」がポイント

不器用な人は必見? 伝えたいことを上手に伝えるには「想像力」がポイント

ビジネス格言

1207_1

聞き手がわかるかどうかを想像せずに言葉を使うと、相手に理解されませんし、勘違いされたりします。「聞き手は、その言葉を確実にわかるか?」と、聞き手のことをしっかりと想像しながら言葉を使いましょう。
——伊藤羊一

ヤフー株式会社が設立した、Yahoo!アカデミア学長・グロービス経営大学院の客員教授、伊藤羊一さんのベストセラー『1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術』から、伝える技術を磨くためのヒントです。

以前、ビジネス格言で紹介した前リッツ・カールトン日本支社長の高野登さんも、あらゆるコミュニケーションには想像力が大切だと述べています。

想像力を働かせて相手に伝えること

「自分の伝えたいことを正確に伝えよう」と張り切るあまり、情報量が多すぎたり、内容が難しくなってしまったりすることがあります。

でも、そこで「相手は前提知識を共有しているか?」「違う業界の人にも理解しやすいか?」ということにまで想像力を働かせれば、ぐっとわかりやすくなるでしょう。

ちなみに、著者の伊藤さんは、ある新聞記者からのアドバイスを参考に「中学生でも理解できる内容」を基準としているそうです。

話す時も文章を書く時も、この基準を参考にすればコミュニケーションがスムーズになりそうです。

伊藤羊一著『1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術』(SBクリエイティブ)]Image via Shutterstock

吉野潤子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    不器用な人は必見? 伝えたいことを上手に伝えるには「想像力」がポイント

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。